立川生志のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数160,047枚、本日の新着チケット数842

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

立川生志のチケット一覧

立川生志(たてかわしょうし)は、落語立川流所属の落語家。旧芸名は立川笑志ですが、2008年4月の真打昇進を機に「生志」に改名しています。出身は福岡県筑紫野市。築市中央高校、福岡大学を卒業し、営業マンを経験した後、7代目立川談志に入門しました。日本テレビの人気番組「笑点」には、若手大喜利が番組前半に行われていた頃から出演している最古参のひとりであり、立川流唯一のメンバーでもありました。「プー師匠」と呼ばれ愛される円満な顔と穏やかなシルエットは、生志落語の武器とも言われています。辛口の落語で知られる立川流一門ですが、少し肌色が違う噺家として独自の位置にあるとも言えるでしょう。主な出演番組は、爆笑オンエアバトル(NHK)、ぶらり途中下車の旅(日本テレビ系)、味わいぶらり旅(RKB毎日放送)、落語者(テレビ朝日)など。2014年からは、立川生志の世の中こげん面白かばい!(RKBラジオ)でパーソナリティーを務めています。2018年6月13日に開催される横浜にぎわい座六月興行でも、その軽妙にして温かみのある落語を聞かせてくれます。

立川生志の日程

すべての日程

立川生志
射手座落語会
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

立川生志のチケットを都道府県で探す

落語立川流所属の落語家、立川生志(たてかわしょうし)は、福岡県筑紫野市出身。筑紫中央高校、福岡大学人文学部卒業後、INAXでの営業マンを経て、1988年7月に7代目立川談志に入門、立川笑志と名乗りました。1997年2月に二つ目昇進、2008年4月には真打に昇進し、このときに立川生志に改名しました。若手大喜利が笑点の番組前半から行われていた頃から、笑点Jr.メンバーとして出演している最古参。当時は「立川流・苦節の二つ目」を標榜し、簡単に真打ちになったことを自慢するキャラの2代目林家木久蔵と小競り合いを演じることが多かったが、実際には仲がよく、二人会などでたびたび共演する間柄でもあります。円満な顔立ちと緩やかな体型から「プー師匠」と呼ばれるキャラクターが愛されている立川生志ですが、生粋の立川談志一門にありながら、立川流のイメージとは少し肌色が違う噺家とも言われ、毒をばらまいても嫌われることがない独特の雰囲気が魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口