ボローニャ歌劇場のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

ボローニャ歌劇場のコンサートチケット一覧

イタリアを代表する歌劇場であるボローニャ歌劇場の8年ぶり6回目となる来日公演が2019年6月に開催され、全国の会場で2つの演目の上演を予定しています。「セヴィリアの理髪師」が6月16日(日)にフェスティバルホール(大阪府)、6月20日(木)にBunkamuraオーチャードホール(東京都)、6月22日(土)に神奈川県民ホール(神奈川県)、6月26日(水)に福岡シンフォニーホール(福岡県)で、「リゴレット」が2019年6月15日(土)に愛知県芸術劇場大ホール(愛知県)、6月18日(火)に滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(滋賀県)、6月21日(金)と23日(日)にBunkamuraオーチャードホール(東京都)でそれぞれ上演されます。 今回の来日公演では、イタリアでも話題となった2作品を上演。アントニーノ・シラクーザ、ロベルト・デ・カンディア、セレーナ・マルフィ、セルソ・アルベロ、アルベルト・カザーレ、デジレ・ランカトーレといった実力ある歌手たちの圧倒的な歌唱力と、オーケストラの豊かな音色を楽しむことができるでしょう。

ボローニャ歌劇場の日程

すべての日程

ボローニャ歌劇場 リゴレット
ボローニャ歌劇場 セヴィリアの理髪師
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全5件 1-5件目

ボローニャ歌劇場のチケットを都道府県で探す

ボローニャ歌劇場は、1763年に設立されたボローニャ、ひいてはイタリアでも名の知れた実力ある歌劇場です。劇場の中は馬蹄形の美しい空間となっており、その空間は設立当初から大きく変わらずボローニャに存在し続けています。 音楽創造都市として知られるボローニャは、モーツァルトをはじめとした多くの著名音楽家達がキャリアをスタートさせた都市としても知られています。そんなボローニャの中でも屈指の歌劇場であるボローニャ歌劇場。その長きに渡る歴史の中では、ロッシーニがチェンバロ奏者として活躍したり、ワーグナーによる5作品のイタリア初演が行なわれ、ローエングリンの上演の際にはヴェルディが駆けつけたりとさまざまな音楽家が上質な作品を数多く上演してきました。 実力ある歌手たちとイタリアで三本の指に入るとも言われるオーケストラで、耳の肥えた観客達を楽しませ続けているボローニャ歌劇場。2019年には8年ぶり6回目の来日公演で、その姿を見ることができます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口