松永天馬のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

松永天馬のライブ・コンサートチケット一覧

松永天馬(まつながてんま)は、日本で活躍しているミュージシャン、小説家、俳優です。2009年にポップロックバンドであるアーバンギャルドのボーカル兼リーダーとしてデビューしました。2011年に初のシングルとなる「スカート革命」をリリース、2014年にはソロ名義でライブを行い、2015に「松永天馬と自殺者たち」というソロバンドを結成しました。2017年には「ラブハラスメント」をリード曲として、「松永天馬」という名前でアルバムを発売しています。2018年には自らのCDデビュー10周年を記念して、「松永天馬・全身ライヴ」を開催しました。アーバンギャルドの経験を活かし、小説家としても活動しており、2016年には楽曲をモチーフとした短編集「少女か小説か」をリリースしています。2018年以降は映画監督としての活動がメインで、歌手時代の全曲をビデオ化した「見る、松永天馬」を発売しました。初の長編コンペ作品として監督と脚本、音楽を手がけた「松永天馬殺人事件」も発表しています。

松永天馬(まつながてんま)がミュージシャンとして活動する時には、男性の自意識を歌うことをモットーとしています。「いま、もっとも気持ち悪い男」として、男性的な世界観を披露することが魅力となっています。アーバンギャルドのメンバーは松永を除いて全員が女性ですが、女性陣が放つ女性的な雰囲気に対抗して、男性的な魅力を全面に押し出しています。2018年に参加した「フェチフェス13」では「生きる欲望となる『生欲』を出す」と宣言、妖艶な演出によりアピールを行いました。この「気持ち悪い男」と妖艶な演出により、参加したフェチ好きの女子の間で一躍人気となりました。松永は作詞も手がけていますが、筋肉少女系などに代表される渋谷系から影響を受けており、その引用が目立ちます。同時に、短い歌詞の中でいかにして遊び心をつかむかを念頭に置いた作詞づくりを心がけていることが特徴です。不気味とも言える奇妙な演出と遊び心に溢れた歌詞のギャップが、ファンにとっての魅力とも言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口