天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数141,213枚、本日の新着チケット数2,469

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八のチケット一覧

上方落語を形作った日本初のお笑い芸人、米沢彦八の半生を描いた舞台「天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八」が2019年2月に上演されます。公演は2019年2月1日(金)から17日(日)まで、大阪松竹座(大阪府)で行われます。 天下一の軽口男で主演を務めるのは、落語家笑福亭鶴瓶の長男でNHK朝の連続テレビ小説や人気ドラマに出演する俳優、駿河太郎です。彼にとって初の松竹座での出演であり主演となる本作には、女優田中美里や谷村美月、関西ジャニーズJr.の室龍太のほか、池乃めだかなど関西の芸人や落語家・俳優も出演します。 大阪市天王寺区で30年近くに渡って開催される「彦八まつり」にもその名前を残す米沢新八。ライバル達と争いながら落語という芸能を生み出したいきさつや、恋愛などの人間ドラマを描く、笑いあり涙ありの作品が天下一の軽口男となっています。現在上方落語協会の相談役を務める、鶴瓶のDNAを受け継ぐ実力派俳優が演じる米沢彦八に注目です。

天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八の日程

すべての日程

天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八

    • 大阪松竹座(大阪府)
    • 情報局先行 一等席 S席 座席未定公演中止の際には、送料・仲介手数料を差し引いた金額を返金します。 公演日の1週間前発送予定 公演日の10日前発送予定

      • 女性名義
      • 42%off
      • 7,000円/枚
      • 12,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 1
    • 即決天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八

    • 大阪松竹座(大阪府)
    • 情報局枠 座席未定 一等席 重複当選ではないのですり替えはございません。チケットが到着しましたら速やかに発送致します。公演中止の際には手数料を引いた全額を返金します。

      • 女性名義
      • ファンクラブ
      • 42%off
      • 7,000円/枚
      • 12,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 7
    • 即決天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八

    • 大阪松竹座(大阪府)
    • 情報局枠 座席未定 一等席 チケットが到着しましたら速やかに発送致します。公演中止の際には手数料を引いた全額を返金します。

      • 女性名義
      • ファンクラブ
      • 19,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八

    • 大阪松竹座(大阪府)
    • FC先行当選枠 一等席 座席未定 ※公演中止の際には、送料・手数料を差し引いた全額を返金します。 終始安心いただけるお取引をさせていただきます。

      • 女性名義
      • ファンクラブ
      • 25,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八

    • 大阪松竹座(大阪府)
    • FC枠での当選です。 チケット届き次第 発送させていただきます。

      • 女性名義
      • ファンクラブ
      • 12,000円/枚
      • 12,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八

    • 大阪松竹座(大阪府)
    • ☆☆☆☆ 一等席 連番 チケット未着のため座席番号は不明です。到着次第レターパックプラスで発送させて頂きます。お申し込み後24時間以内が決済期限となりますので、よろしくお願いいたします。

      • 名義なし
      • 10,500円/枚
    • 4枚連番(バラ売可)
全10件 1-10件目

天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八のチケットを都道府県で探す

「天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八」は、2016年に出版された木下昌輝の小説「天下一の軽口男」を舞台化した作品で、2019年2月に上演を予定しています。主人公である米沢彦八は、長年開催されている上方落語協会のファン感謝祭「彦八まつり」にもその名を冠する大阪落語の始祖。その半生を描いた作品が天下一の軽口男です。 元禄時代を舞台に、笑いを生業とすることを夢見る大阪難波村の少年、彦八はいつも味方してくれていたものの夜逃げしてしまった豪商の娘、里乃を探し旅に出ます。江戸では座敷の噺家として親友と競い合うものの、幼なじみの女絵師やライバルの陰謀によって盗作の疑惑をかけられて…。 舞台で主役を務めるのは、笑福亭鶴瓶の長男で人気ドラマ「半沢直樹」やNHKの朝ドラ「カーネーション」にも出演した俳優駿河太郎です。脚本を「だんだん」や「はんなり菊太郎シリーズ」といったテレビドラマを手掛けた森脇京子、演出を「煙が目にしみる」などで脚本・演出を手掛けた堤泰之がそれぞれ担当しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口