虚構の劇団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数157,939枚、本日の新着チケット数1,142

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

虚構の劇団のチケット一覧

虚構の劇団(きょこうのげきだん)は、株式会社サードステージが運営する小劇団です。劇団「第三舞台」の主宰や日本劇作家協会会長などを務める演出家・鴻上尚史が主宰する劇団で、初公演は旗揚げ準備公演となった2007年の「監視カメラが忘れたアリア」、旗揚げ公演は2008年の「グローブ・ジャングル」となっています。鴻上尚史による次世代の役者の育成という意味合いも大きい劇団で、所属団員は20代~30代の俳優がメインで、人数は10名以内と小規模なのが特徴です。これまでの作品には「エゴ・サーチ」や「アンダー・ザ・ロウズ」、「もうひとつの地球の歩き方〜How to walk on another Earth.〜」などがあるほか、鴻上のもうひとつの劇団である第三舞台の作品を再演することもあり、これまで「天使は瞳を閉じて」や「ビー・ヒア・ナウ」などが上演されてきました。2019年2月からの上演作品も第三舞台で上演された「ピルグリム」で、東京と大阪、愛媛にて合計20公演以上が開かれます。

虚構の劇団の日程

すべての日程

虚構の劇団 第14回公演 ピルグリム2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全4件 1-4件目

虚構の劇団のチケットを都道府県で探す

虚構の劇団(きょこうのげきだん)は、日本の演劇界を代表する演出家として知られる、鴻上尚史が主宰する小劇団です。2007年に活動を開始し、2008年に旗揚げ公演「グローブ・ジャングル」を開催しました。それ以降も、番外編を除いてすべての作品の演出・脚本を鴻上が手がけながら、「エゴ・サーチ」や「監視カメラが忘れたアリア」など、ひと癖ある個性的な舞台を作り上げてきました。また、同じく鴻上が主宰する劇団「第三舞台」の作品の再演も行っていて、「ハッシャ・バイ」や「天使は瞳を閉じて」、「ピルグリム」などを上演してきました。所属団員は劇団の運営元で鴻上が代表を務めるサードステージに所属していて、20代から30代の俳優を中心に10名以内と、少数精鋭の気鋭の劇団となっています。また、大河ドラマ「功名が辻」や映画「20世紀少年 最終章」などに出演してきた俳優の山崎雄介も虚構の劇団の出身です。団員の年齢層や実績を見ても、これからの日本演劇界を担う新世代の成長・飛躍の場として、注目を集める劇団と言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口