テオドール・クルレンツィスのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,518枚、本日の新着チケット数1,034

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

テオドール・クルレンツィスのコンサートチケット一覧

テオドール・クルレンツィスはギリシャ出身の指揮者です。1972年にアテネで生まれ、ピョートル・チャイコフスキーやドミートリイ・ショスタコーヴィチなどを輩出した音楽の名門・サンクトペテルブルク音楽院で学びました。同音楽院にてロシア指揮楽派を創出した世界的にも有名なイリヤ・ムーシンに師事しました。その独特な指揮法に対する熱狂的なファンが多く、若き天才としての呼び声の高い指揮者です。2017年、ザルツブルク音楽祭デビューした際に演奏したモーツァルトの「レクイエム」では、完璧に統制のとれた指揮で大きな話題となりました。2019年2月に、テオドール・クルレンツィス&ムジカエテルナとして初の来日公演が決定し、チャイコフスキーの名曲を披露します。東京公演は2月10日(オーチャードホール)、2月11日(すみだトリフォニーホール)、2月13日(サントリーホール)、大阪公演は2月14日(フェスティバルホール)が予定されています。

テオドール・クルレンツィスの日程

すべての日程

テオドール・クルレンツィス & ムジカエテルナ
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全25件 1-25件目

テオドール・クルレンツィスのチケットを都道府県で探す

テオドール・クルレンツィスはギリシャ出身の指揮者で、いま欧米で話題を席巻している音楽家の一人です。現在はロシアのペルミ地方に活動拠点をおき、ペルミ国立歌劇場の音楽監督としても活動しています。座付きオーケストラであるムジカエテルナとの統率のとれた演奏で各コンサートで大きな話題となっています。リリースしたCDはこれまでの一般的な解釈から脱却し、全く新しい構成での演奏を展開し音楽ファンの注目を集めています。そのライナーノーツでは単なる楽曲解説に止まらず、クルレンツィス自身の論考を踏まえた興味深い論を展開しています。譜読みの天才とも呼ばれ、2017年のザルツブルク音楽祭では初登場ながら、ダイナミックな指揮スタイルでクラシック界に衝撃を与えました。2019年2月には東京・大阪にて待望の初来日公演を控えています。演目はチャイコフスキーで、2017年にリリースされた最新作・交響曲第6番「悲愴」などが演奏されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口