テスラは泣かない。のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

テスラは泣かない。のライブ・コンサートチケット一覧

テスラは泣かない。はVirgin Recordsに所属する、2008年に鹿児島県で結成されたロックバンドです。東京都出身でベース担当の吉牟田直和、鹿児島県出身でドラム担当の實吉祐一、福岡県出身でピアノとコーラス担当の飯野桃子、宮崎県出身でボーカルとギターそして作詞を担当する村上学の計4人で構成されています。2008年7月に初ライブを行い、鹿児島県を中心に精力的に活動し始めました。2009年1月に1枚目の自主制作CD-R「TESLA doesn't know how to cry」を発表し、同年9月に2枚目のCD-R「梵奏」を発表しました。2014年4月にメジャーデビューシングルである「Lie to myself」の発表をし、オリコンのランキングで最高69位を獲得しました。

テスラは泣かない。の日程

すべての日程

CHOOSE A release tour 2019-2020
1日券 THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019-10/5

テスラは泣かない。のチケットを都道府県で探す

テスラは泣かない。

「テスラは泣かない。」。この変わった名前は鹿児島在住のメンバー、村上学(ボーカル、ギター)、吉牟田直和(ベース)、實吉祐一(ドラム)、飯野桃子(ピアノ、コーラス)の4人組で構成されているロックバンドです。地元九州を中心にライブ活動行い、着実に知名度を上げ、2014年6月にはメジャーファーストアルバム『TESLA doesn't know how to cry』をリリースしました。そして、このアルバムのレコ発ツアーの最終公演が、7月18日、渋谷WWWで行われました。彼らにとっての初めての東京でのワンマンライブです。初めての東京でのライブでは、アルバムの代表曲、「Cry Cry Cry」でメンバー、観客と一体感のある盛り上がりを見せました。次々と繰り出される曲に合わせ、観客の中にはヘッドバンキングする姿も見られました。終盤にはメンバー全員が呼吸を合わせ、観客と共にダイナミックな流れの中で、エモーショナルなサウンドを奏でました。最後にスパークを見せたのは「アンダーソン」です。ダブルアンコールも行われ、ライブは感動と共に締めくくられました。まさに今後の活躍が期待される良質な音を奏でることのできるロックバンドです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口