THE NAMPA BOYSのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

THE NAMPA BOYS(ナンパボーイズ)のライブ・コンサートチケット一覧

THE NAMPA BOYS(ナンパボーイズ)は、メンバー全員が長野県松本市出身で小林聡里(Vo&Gt)田中悠貴(Ba)澤柳昌孝(Gt)後藤駿(Dr)の4ピースバンドです。2005年の中学1年生の時に田中を中心に結成し、学園祭でライブ初披露し、中学2年生の頃にはライブハウスなどで対バンし、洋楽ROCKをカバーする中学生バンドとして名を広めました。その後のメンバー脱退やトラブルなどを乗り越え現在のメンバーになり、日本テレビ「音龍門」に出演し自主制作CD「到来」を作成。このCDをA-Sketchの社長が聞いたことがきっかけで、テレビ東京ドラマ24「クローバー」のテーマ曲に選ばれ2012年6月に「プランジ」をリリースしてデビューしました。同年7月にはミニアルバム「froM」をリリースするなど活動を続けています。

THE NAMPA BOYS(ナンパボーイズ)について

THE NAMPA BOYS(ナンパボーイズ)は全員が長野県出身と言う4ピースバンドです。メジャーデビューするまでにライブ活動でリズムマシンを2回ほど使用するという、バンドマンとしては屈辱的な経験をしているという経緯を持っており、そんな経験をばねにしたパフォーマンスが人気となっています。主にライブ活動を中心とした音楽活動を行っており、ワンマンライブよりもほかのアーティストも出演しているライブイベントへの参加が中心となっています。それでもツアーライブへの参加も積極的に行っており、明るいパフォーマンスとトークが人気を集めています。全体的に若々しいパワーを全力で発していることから観客としてもライブで盛り上がりやすくなっており、ワンマンライブでは特に好き勝手にやっている感じのパフォーマンスが若さを象徴しているとのことで人気となっています。ワンマンライブの場合はライブハウスでの開催が多く、規模はそこまで大きくはないですが、だからこその距離感を楽しむことができるという醍醐味が人気であり、若者を中心として注目を集めているようです。飾らない感じのトークや演出、パフォーマンスがこのバンドの最大の魅力となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口