東京バレエ団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,187枚、本日の新着チケット数8

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

東京バレエ団のチケット一覧

東京バレエ団(正式名称:チャイコフスキー記念東京バレエ団)は、1964年に創設されたバレエ団です。本部は東京都目黒区に置かれています。創設3年目の1966年にはモスクワ、レニングラードで公演を行ない、ソビエト文化省より「チャイコフスキー記念」の名称を贈られました。創立以来一貫して、古典の全幕作品から現代振付家の名作まで、幅広いレパートリーを誇っています。日本の舞台芸術史上始まって以来の、32次761回の海外公演を行ない、日本が生んだ世界のバレエ団として国内外で高く評価されています。海外では、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場などヨーロッパの名だたる歌劇場に数多く出演。絶賛を博してきました。また、モーリス・ベジャール、イリ・キリアン、ジョン・ノイマイヤーなどの世界的振付家が同バレエ団のために作品を振り付けており、中でも仮名手本忠臣蔵を題材にしたベジャールの「ザ・カブキ」は国内外で大成功を収めています。2004年からはベジャールを名誉芸術顧問に迎え、海外ではベジャール作品の上演で人気を集めています。さらに2014年8月30日に創立50周年を迎えた際には、シルヴィ・ギエム、マニュエル・ルグリ、ウラジミール・マラーホフをゲストに迎え、盛大なガラ公演を開催。創立50周年記念シリーズの期間には、マラーホフをアーティスティック・アドバイザーに迎え、「くるみ割り人形」など古典3作品が上演されました。これまで30カ国153都市で海外公演を実現したきた国際的バレエ団ですが、一方で地元に根ざした舞台芸術の普及や子どもたちの情操教育の一端を担う活動も続けています。そのひとつが2013年からスタートさせた「めぐろバレエ祭り」です。また、2018年はクラシックバレエの父マリウス・プティパ生誕200年を記念して、プティパの振付による「プティパ・ガラ」を上演。バレエ団初演作品が多数含まれる本公演で、東京バレエ団がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

東京バレエ団の日程

すべての日程

東京バレエ団 白鳥の湖
第7回 めぐろバレエ祭り
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全5件 1-5件目

東京バレエ団のチケットを都道府県で探す

東京バレエ団は、日本を代表するバレエカンパニーで、正式名称はチャイコフスキー記念東京バレエ団といいます。1964年に設立してから東京を中心に活動しています。海外公演にも非常に積極的で、毎年海外公演ツアーを行っています。1966年にソビエト政府に招かれてモスクワとレニングラードで講演を行ない大成功を収め、ソビエト政府より「チャイコフスキー記念」の名を送られました。モーリス・ベジャールやイリ・モリアンなどの世界的巨匠が振り付けを担当、特に仮名手本忠臣蔵を題材にしたベジャール振り付けの「ザ・カブキ」は国内外で大成功を収めました。上演作品も古典からコンテンポラリーまで幅広いので国内の人気も高く、海外からはベジャール作品の上演で人気が高くなっています。2004年よりベジャールを名誉芸術顧問として迎えて、更に芸術性に磨きがかかりました。2014年には創立50周年を迎えたことを記念してウラジーミル・マラーホフをアーティスティック・アドバイザーとして迎えて創立50周年祝祭ガラを公演して多くのファンを魅了しています。子供達に幅広くバレエを知ってもらうために。子供のためのバレエ公演やバレエ教室も開催して人気を博しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口