THE YELLOW MONKEYのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,511枚、本日の新着チケット数779

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

THE YELLOW MONKEY(イエモン)のライブ・コンサートチケット一覧

THE YELLOW MONKEY(イエモン)は日本のロックバンドです。1988年に結成、2004年に一度解散しましたが、2016年に再結成されました。 そのルックスと演奏は海外バンドの様な雰囲気で、ライブは一度見たら虜になってしまう魅力的なバンドです。日本のトップバンドと言うにふさわしい楽曲とテクニックを持ち合わせています。メンバーはボーカルの吉井和哉(愛称ロビン)、ギターの菊池英昭(愛称エマ)、ベースの廣瀬洋一(愛称ヒーセ)、ドラムの菊池英二(愛称アニー)の4人です。オフィシャルファンクラブは「BELIEVER.(ビリーバー)」という名称です。こちらの名称はファンクラブ内での一般公募よりメンバーらの選考を経て抽選にて選ばれた名称です。 THE YELLOW MONKEY(イエモン)は一度解散して12年の時を経て再結成していますが、そのきっかけとなったのは「ローリングストーンズ」の結成50周年のライブでした。ローリングストーンズのライブを見たボーカルの吉井和哉は「ステージ上に金で買えない黄金の塊を見た気がした。バンドって宝だな。」と思い、メンバーに「また一緒にバンドをやってください。」とメールを送りました。このメールを送信したのが7月7日で、彼らが2004年に解散を決めた日と同じでした。運命的な導きで再結成されたTHE YELLOW MONKEY(イエモン)は2016年5月から全国ツアーを開催しました。「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」と言うタイトルで5月に東京・国立からスタートし、9月の北海道公演まで10会場20公演が行われました。この公演中にボーカルの吉井和哉は「THE YELLOW MONKEYはもう一生解散しません。」と発言しています。 再結成後のファーストシングルは2016年10月に発売された「砂の塔」です。ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」の主題歌に起用されました。ギラギラとした怪しい大人の魅力たっぷりの楽曲でTHE YELLOW MONKEY(イエモン)らしい復帰にふさわしいサウンドです。カップリングは「ALRIGHT」ですが、実はこの「ALRIGHT」の方が再結成後初めて発表された新曲でした。再結成発表に際して公開された動画に「ALRIGHT」のイントロ部分が使用されていたのです。歌詞が蛹の中で一度ドロドロに溶けて液状になってから羽化する蝶に例え、バンドの再生や日本の再生について歌われています。

THE YELLOW MONKEY(イエモン)の日程

すべての日程

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全45件 1-45件目

THE YELLOW MONKEY(イエモン)のチケットを都道府県で探す







THE YELLOW MONKEY(イエモン)は1988年に結成され、1992年にメジャーデビューしました。それ以降90年代の邦楽ロックシーンを牽引してきました。イエモンは洋楽のロックをルーツにしつつ、日本的な表現を楽曲に取り入れる試みを意識的にしてきました。それは曲のテーマや彼らの奏でるメロディ、それにのせられる歌詞に表れ、ライブでは身近にはっきりと感じることができます。ライブ当初から、洋楽からの影響を強く受けながらも日本独特の慣習や文化が感じられる日本人ができるロックの表現を指向する方向がありました。そしてそれがイエモンの魅力です。グラムロックとハードロックのサウンドベースラインに、日本的な昭和を感じさせるようなメロディが日本語で歌われることで、イエモン独自の世界感が作り上げられています。メンバーは、ボーカルはLOVINこと吉井和哉、ギターはEMMAこと菊地英昭、ドラムスはANNIEこと菊地英二、ベースはHEESEYこと廣瀬洋一です。全員にバンド歴があるのもパワフルで魅力的なライブとなる理由のひとつです。ライブではイエモンの魅力を最大限に堪能できます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口