The Brow Beatのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

The Brow Beatのライブ・コンサートチケット一覧

「The Brow Beat」は劇団ひまわり所属の俳優である佐藤流司のバンドプロジェクトで、アーティスト「Ryuji」として結成しました。佐藤流司は2011年に「仮面ライダーフォーゼ」で役者としてデビューしました。その後ミュージカル「刀剣乱舞」の加州清光を演じた人気絶頂の若手俳優です。2018年1月1日に記念すべきデビューアルバム「ラグナロク」をリリース、オリコン週間インディーズアルバムランキング1位を獲得し、さらに週間CDアルバムランキングでも9位を獲得するなど上々のスタートを切りました。アルバムリリースにともない1月17日よりファーストツアー「The Brow Beat Live Tour 2018 “Ragnarök”」を仙台RENSAからスタートしました。「The Brow Beat」をトータルプロデュースしているのはPENICILLINのボーカルHAKUEIです。厚みのあるサウンドから軽快なロックまで様々なテイストの音を聴かせてくれます。

The Brow Beatの日程

すべての日程

The Brow Beat Live Tour 2020 Adam
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全12件 1-12件目

The Brow Beatのチケットを都道府県で探す


The Brow Beatの魅力は、ボーカルRyujiの芯の強い歌声と表現力にあります。 Ryujiは、若手人気俳優の佐藤流司。2011年に俳優としてデビューして以来、今や新たなジャンルとして急成長をとげた2.5次元ミュージカルを牽引する実力派俳優です。 その人気ぶりは、佐藤流司が出演するというだけで、チケットの争奪戦が始まるほど。写真集発売のイベントでは、チケット販売時にサーバーをダウンさせたというエピソードもあります。 また、The Brow Beatをトータルプロデュースするのは、PNICILLINのHAKUEI。彼もまた、ミステリアスな存在として異色の才能を発揮している一人。その才能を活かし、The Brow Beatの多重多様な世界観を見事に演出しています。 ちなみに、デビューアルバムの「ラグナログ」は、型にはまらないオルタナティブなサウンド。ヘヴィな一面もありながら、爽快なロックまで楽しむことが出来るアルバムです。Ryujiの力強い歌声と多彩な表現力で、The Brow Beatの魅力を存分に味わう事が出来ます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口