The Songbardsのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数138,974枚、本日の新着チケット数1,261

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

The Songbardsのライブ・コンサートチケット一覧

The Songbards(ソングバーズ)とは、神戸を拠点に活動するロックバンドです。2013年に「Ant lily」として活動を開始し、2017年3月にThe Songbardsへ改名して現体制になりました。メンバーは、松原 有志(Gu,Vo)、上野 皓平 (Gu,Vo)、柴田 淳史 (Ba,Vo)、岩田 栄秀 (Dr,Vo)の4人であり、メンバー全員がボーカルパートに参加しています。現在までにEP1枚とミニアルバム1枚を発表しており、EP収録曲の「雨に唄えば」と、ミニアルバム収録曲の「太陽の憂鬱」「春の香りに包まれて」などは、The SongbardsのYouTubeチャンネルから聞くことが出来ます。2017年に大規模なロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」や「SUMMER SONIC TOKYO」などの有名な音楽イベントに出場し、2018年にはミニアルバム「Cages in the Room」を発表するなど、精力的な活動を展開しています。

The Songbardsの日程

すべての日程

The Songbards ワンマンツアー '19 ウグイス放浪
HAPPY JACK 2019 H-FINAL EDITION ライブサーキット -3/17

The Songbardsのチケットを都道府県で探す

神戸を中心に活動するThe Songbards(ソングバーズ)の結成は2013年、当初は「Ant Lily」という名称でしたが、新たにメンバーが加わった2017年3月に変更しました。メンバーは4人、全員がボーカルを務め、作詞作曲も各々携わります。その上でギターを担当するのは、松原有志と上野皓平、ベースが柴田淳史、ドラムが岩田栄秀です。 バンドといえばフロントマンが目立つ印象が強いものの、The Songbardsが目指すのはバンド名が意味する「束」。集団はぶつかり合うのが半ば当然と言えるけど、互いの個性を認め合ってまとまっているバンドが理想で、目指すところはThe Beatlesだと言います。そのためには、メンバーの個性や流行を考慮しつつも、普遍性は大事にしたいと考えています。 2018年1月31日に1stミニアルバム「Cages in the Room」をリリース。時代を超えた普遍性を感じる作品に仕上がりました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口