チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

THIS IS JAPANのライブ・コンサートチケット一覧

THIS IS JAPANは、2011年に上智大学のサークル活動で先輩後輩だった4人で結成されたバンドグループ。通称「ディスジャパ」とも呼ばれています。2012年9月30日にファーストミニアルバムの「ジャポニカ学習装置」をリリースし、新宿Motionなどのライブハウスで積極的にバンド活動をしました。インディーズシーンで話題となるTHIS IS JAPANでしたが、2020年にキューンミュージックよりメジャーデビューが発表されています。メンバーは、ベースの水元太郎、ボーカル&ギターの杉森ジャック、ギター&ボーカルの小山祐樹、ドラムス&コーラスのかわむらの4人。ライブは年間50本、音楽フェスに多数出演しています。Kerosene Recordskからリリースされた、オルタナティブロックサウンドを集結させたコンピレーションアルバム「NOT FORMAL ~NEW ALTERNATIVE~」の企画、制作に加わりました。販売即日完売という異例な売り上げを記録し、さらに注目が集まったのです。2018年公開の三木監督作品映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の主題歌である「体の芯からまだ燃えているんだ」のアレンジを担当しました。2019年は、FUJI ROCK FESTIVAL、BAYCAMP2019など注目度の高いフェスにも参加しています。2020年は2月から3月まで、EP「WEEKENDER」を引き下げた全国ツアーが決定しました。

THIS IS JAPANの日程

すべての日程

1日券 FM NORTH WAVE & WESS PRESENTS IMPACT! XV supported by アルキタ -4/11

THIS IS JAPANのチケットを都道府県で探す

1990年代のオルタナティブロックの影響を受けたTHIS IS JAPANのサウンドは、ツインギターとツインボーカルを中心に日常の歌詞をオルタナティブロックで表現しています。シャウトやギターの爆音などスピーディーに駆け抜けるオルタナサウンドだけでなく、レゲエ、ポップなメロディなど曲ごとに異なる音楽を楽しめるのが魅力です。4人が大学在学中にバンドを結成したこともあり、バンドの方向性や作るべきサウンドをメンバー同士で制作中に話し合いながら、楽曲作りを続けています。1ヶ月で10曲の楽曲制作のノルマを課し、新しさを取り入れたTHIS IS JAPANは新鮮な音楽を楽しみたい方に最適です。歌詞や音楽が決まっているものをみんなで行うバンドではなく、メンバーの1人が書いた歌詞に他のメンバーが意見し、自由に制作を行なっています。ギター中心の曲作り、リズムパータンから始まる曲作りなど、さまざまなアプローチから新しい楽曲が生まれているのです。同じバンドであっても、THIS IS JAPANは楽曲ごとに異なるサウンドが楽しめます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート