This is not a businessのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

This is not a businessのライブ・コンサートチケット一覧

This is not a businessは否戸田雲仙(Gt.)、加藤小判(Vo.),陣下須(Ba.)、木須利茶(Gt.)、序鬼間(Pr.)からなる日本のバンドです。彼ら自身は「負け犬」バンドを自称しています。しかし、その天狗のお面を被っているビジュアルから「天狗バンド」と称されたり、バンド名を省略した「ディスビズ」などと呼ばれています。結成以来、ドラムレスを貫いており、軽快でキャッチーなサウンドが特徴となっています。2013年8月に1stアルバムとなる「10goods」を発売し、その1曲目である「WITHAMISSION」のMVは公開1カ月で25万再生を達成し、話題を呼びました。全員が一度挫折したバンドマンという経歴もあり、その実力を活かしてROCKINJAPANなどのフェスにも出演しています。

This is not a businessというバンドの魅力

This is not a businessは天狗バンドと呼ばれ、メンバーのみんなが天狗のお面を被るという面白いバンドです。このバンドは5人で結成されています。主な活動は、大学やライブハウスなどで頻繁にコンサートを開いています。彼らの音楽の目指すところは、本格的なロックでポップの音楽を作ることです。お面を被るようになったきっかけは、5人のメンバーが集まる際に、みんなそれぞれ才能を持っていたのに後一歩というところで人気に火が着かずくすぶっていたとき、もう一度みんなで一から始めようということで、顔を隠すことにしました。顔を隠すということはその人物の背景が見えないので、リスナーは彼らの音楽だけで善し悪しを判断しなければなりませんが、彼らはこの状況に決してネガティブではなく、むしろ楽しみながら音楽活動をしています。彼らが音楽を楽しめるわけは、メンバー全員が曲を作ることができる点です。一人が作るのではなく、メンバー全員でそれぞれの好みをちらばめて作られた音楽は、他にはない独特のメロディーに仕上げています。また、バンドにも関わらずドラム担当がいないので、その分デジタルビートを活かした音楽作りになっているのも特徴です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口