JTサンダーズのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,182枚、本日の新着チケット数3,087

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

JTサンダーズのチケット一覧

JTサンダーズは1931年に創設された男子バレーボールチームです。Vリーグには始まった1994年から所属しており、大会でも多くの成績を残していて、日本代表の選手でそこから選ばれる人も多くいます。2mを超える選手の人などがいて2014年にはVプレミアリーグで優勝、黒鷲旗では2016年、2017年と連覇しています。他にも数多くの大会で、優勝や準優勝に輝いています。また、チームだけでなく個人での表彰も多く選ばれています。2017年から2018年のVリーグ大会では、得点王、ベスト6、最優秀新人賞で選ばれました。 2018年はリベロの井上航選手、ウィングスパイカーの山本将平選手、セッターの深津選手を中心にチームを組み立てています。攻撃力のあるエドガー選手も時々投入されているようです。越川選手という貴重な戦力を失った後ですが、同ポジションの選手が進化しているので崩れることは考えられないと予想されています。2018年から2019年のVリーグもその1つ前のリーグが3位ということで期待がかかっています。

JTサンダーズが好きな方はこちらもおすすめ

JTサンダーズは元々、レフトに頼り気味になっていた攻撃と守備が問題でした。しかし、リベロの選手がサーブレシーブ、スパイクレシーブ等で評価され始め、負担が分散し安定してきていると言われています。 また、攻撃の面では、レフトに頼りきりというほどではないものの、固まっていたところが課題でした。しかし、こちらもセッターとセンターのコンビが上手くハマってきていると評価が高まっています。レフトの攻撃も負担が減ったせいか相手チームがよく観察されていて、相手が手薄になっているところにしっかり決まっているシーンが増えています。そして課題であったサーブは各々がリベロと相談しながら練習した成果が実り、相手が乱れることが多くなっているようです。大会ごとにどんどん選手たちが変わっているので、前とはこう変わった、などと成長を喜びながら観るのも、Vリーグ及びバレーボールを観戦することの楽しみの一つです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口