徳永英明のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数153,880枚、本日の新着チケット数3,418

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

徳永英明のチケット一覧

徳永英明(とくながひであき)は、“1/fゆらぎ”の声を持つシンガーソングライターです。1986年1月21日、シングル「Rainy Blue」でRadio Cityレコードよりメジャーデビュー、所属は1990年に設立した個人事務所・マゼランです。大ブレイクのきっかけとなったのは、1986年にリリースされた4thシングル『輝きながら…』。これが富士フイルム「フジカラー」のCMソングとしてお茶の間に流れると、その素晴らしい歌声で一躍注目のアーティストとなりました。さらに、1988年には徳永英明自身が作曲した5thシングル「風のエオリア」がナショナルエアコン「エオリア」のCMソングとしてこれまた大ヒット、第8回日本作曲大賞の優秀作曲者賞を受賞しました。また、同年12月には初の日本武道館コンサートも開催しました。その後も「夢を信じて」「壊れかけのRadio」「最後の言い訳」など次々と大ヒットを飛ばし、作曲者としても沢田研二、松田聖子など多くのアーティストへ楽曲提供を行ってきました。その後、1993年の声帯ポリープ手術や2001年のもやもや病などを乗り越え、2002年11月ユニバーサルミュージックへ移籍して活動を再開します。そして2005年にリリースした最初のカバーアルバム『VOCALIST』が大きな話題に。全曲女性ヴォーカル曲のカバーでありながら徳永英明の色気のあるハイトーンボイスではまったく違和感がなく、まるで自身の楽曲のようにも感じられ、またその選曲も素晴らしく、オリコンアルバムチャートで通算200週を超えてランクインというロングヒット作品となりました。その後『VOCALIST』はシリーズ化され、いずれも大きなセールスを記録しました。2018年7月には15年ぶりのセルフカバーベストアルバム『永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストI~』を発表。誰もが聴いたことのある名曲全10曲が収録されています。8月からは『徳永英明 HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2018』がスタート、30年を超えてなお輝き続ける歌声が全国各地を巡ります。

徳永英明の日程

すべての日程

徳永英明 HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2018
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全298件 1-100件目

徳永英明のチケットを都道府県で探す







徳永英明(とくながひであき)は、兵庫県出身のシンガーソングライターです。公式ファンクラブは「TONY'S CLUB(トニーズクラブ)」で、名前の由来は1985年に出演したロックミュージカル「はらじゅくグラフィティ」での役柄「トニー」から取っています。富士フイルム「フジカラー」CM起用曲となった4枚目のシングル「輝きながら…」がオリコンチャート4位を記録し、一躍有名になりました。11枚目のシングル「Wednesday Moon」でオリコンチャート1位を獲得し、10枚目のシングル「壊れかけのRadio」でNHK紅白歌合戦出場を果たしました。カヴァーアルバムの「VOCALIST」シリーズの評価も高く、1980年代から2010年代までの4年代連続のアルバム首位を獲得しました。男性アーティストとして初の快挙です。声帯ポリープやもやもや病の発症で活動を休止した時期がありますが、現在も音楽活動を続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口