徳永英明のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

徳永英明のチケット一覧

徳永英明(とくながひであき)は、「壊れかけのRadio」などのヒットで知られるシンガーソングライターです。1986年1月21日、シングル「Rainy Blue」でRadio Cityレコードよりメジャーデビュー。大ブレイクのきっかけとなったのは、1986年にリリースされた4thシングル『輝きながら…』。これが富士フイルム「フジカラー」のCMソングに起用され注目を集めました。1988年には徳永英明自身が作曲した5thシングル「風のエオリア」が、ナショナルエアコン「エオリア」のCMソングとして大ヒット、第8回日本作曲大賞の優秀作曲者賞を受賞しました。また、同年12月には初の日本武道館コンサートも開催しました。その後も「夢を信じて」「壊れかけのRadio」「最後の言い訳」など次々と大ヒットを飛ばし、作曲者としても沢田研二、松田聖子など多くのアーティストへ楽曲提供を行ってきました。その後、1993年の声帯ポリープ手術や2001年のもやもや病などを乗り越え、2002年11月ユニバーサルミュージックへ移籍して活動を再開します。そして2005年にリリースした最初のカバーアルバム『VOCALIST』が大きな話題に。全曲女性ヴォーカル曲のカバーでありながら徳永英明の色気のあるハイトーンボイスではまったく違和感がなく、またその選曲も素晴らしく、オリコンアルバムチャートで通算200週を超えてランクインというロングヒット作品となりました。その後『VOCALIST』はシリーズ化され、いずれも大きなセールスを記録しました。2018年7月には、15年ぶりのセルフカバーベストアルバム『永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストI~』を発表。誰もが聴いたことのある名曲全10曲が収録されています。8月からは『徳永英明 HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2018』を開催しました。 2019年も、全国ツアー「HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2019 太陽がいっぱい Plein Soleil」を開催。東京国際フォーラムなど、全国のホール会場21ヶ所で公演を行います。

徳永英明の日程

すべての日程

HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2019
徳永英明 ジャズライブ2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全75件 1-75件目






30年以上にわたり、J-POP屈指のボーカリストとして多くの人を魅了してきた徳永英明。1961年2月27日、福岡県柳川市生まれ、中学からは兵庫県伊丹市で育ちました。19歳の時に上京、アルバイトをしながらの音楽活動を経て、1986年に「Rainy Blue」でデビュー。翌年にはラジオのレギュラー番組が2本スタート、さらにミュージックステーションやザ・ベストテンなどの人気音楽番組に初出演。自身のコンサートツアーに加え音楽祭などのイベント出演、さらに香港でも公演を行うなど一躍人気アーティストとなりました。1987年の3rdアルバム「BIRDS」で初のアルバムオリコン1位を獲得し、1988年12月には初の日本武道館公演を開催。1990年には個人事務所「マゼラン」を設立。以降、テレビドラマに出演したり、映画「シンガポール スリング」の企画原案、2001年からはサッカー番組「スーパーサッカー」のメインキャスターを務めるなど、音楽以外にも幅広い活動を展開しています。2005年、初のカバーアルバム「VOCALIST」をリリース。「時代」「ハナミズキ」「卒業写真」など女性アーティストの名曲をカバーし大好評を博しました。このヒットも後押しする形で2006年にはNHK紅白歌合戦に初出場し、「壊れかけのRadio」を歌唱。またこのアルバムはシリーズ化し、2015年のVOCALIST6まで発売されています。2008年には自身通算1000本目となる公演を達成。毎年全国ツアーを行いライブ活動に勤しむ一方、デビュー直後には松田聖子や沢田研二、近年では倖田來未やKinKi Kidsなど世代を問わず多くのアーティストに楽曲提供もしています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口