戸次重幸のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

戸次重幸のチケット一覧

戸次重幸(トツギシゲユキ)は1973年生まれの北海道出身の俳優です。1993年に舞台でデビューをした後、俳優はもちろんのこと、自身で舞台の脚本や演出を手掛けるなどマルチに活動を行っています。大学に在学中に知り合った現在でも公私共に親交の深い俳優の安田顕、大泉洋、音尾琢真、森崎博之と共に劇団TEAM NACSを結成しました。当初は大学卒業後と同時に東京で活動をする予定でしたが、劇団の人気が高まったことで北海道を拠点に活動をする選択をしたと言われています。その後、俳優と並行してローカルタレントとして活動を続けた後、2000年にCREATIVE OFFICE CUEに所属する運びとなりました。演技力の高さが評価され、全国区の俳優となった現在でも変わらずに北海道を拠点に仕事を行っています。2018年にはTEAM NACSの第16回公演が2月3日の大阪公演を皮切りに、全国各地で行われました。4月1日の千秋楽公演までの動員数は約8万人、ライブビューイングが35,000人で、この数字は日本の劇団の中でもトップクラスと言われています。

俳優の戸次重幸(トツギシゲユキ)について語る上で度々持ち上がるのが自由奔放な性格です。公私共に自身が楽しむことを一番に優先する性格から、インタビューにおいても自身が興味のない話題については多く語らないと言われています。その一方で役者としての考え方など自身が興味のある内容については目を輝かせて時間を忘れて熱く語るほどです。また、低血圧で朝が極端に弱く、テレビのロケ番組の収録に5時間以上遅刻をしたという逸話もあります。こうした問題行動の数々によって、周囲からはイケメンなのに性格に難があるという理由からミスター残念というあだ名が付けられています。本来であれば仕事を激減してもおかしくはありませんが、例え行動自体に問題があっても仕事に対する真摯な姿勢や俳優としての実力がズバ抜けているという点が高く評価され、幅広い役柄を演じています。これらのエピソードからも彼が周囲から愛される人柄であることがわかるでしょう。趣味はカメラや模造刀など幅広い分野に精通していて、この点も好きなことに夢中になる性格が影響していると言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口