舞台 桃源郷ラビリンスのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,635枚、本日の新着チケット数4,299

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

舞台 桃源郷ラビリンスのチケット一覧

「桃源郷ラビリンス」は、2018年8月7日に小学館文庫より発売された岡山ヒロミ原作の文庫本です。この作品を題材とした舞台が2019年4月4日から7日の間は東京で、同年4月13日から14日の2日間は岡山で上演されます。日本のおとぎ話の代表であり、日本文化遺産ともなっている桃太郎を現代風にアレンジした作品となっていて、小説を皮切りに舞台、映画のマルチメディアプロジェクトになっていることが特徴です。演出と脚本はミュージカルの「忍たま乱太郎」や「アンフェアな月」などの舞台を手がけている菅野臣太郎氏が担当します。菅野氏は47都道府県をイメージした演劇もプロジュースしており、近年では群馬県の富岡製糸場を舞台とした「山のバッキャロー」で知られています。主人公の吉備桃太郎を演じるのは、ミュージカルの刀剣乱舞などで有名な鳥越裕貴です。桃太郎のお供役として犬役に杉江大志、猿役に遊馬晃佑、雉役は山本一慶が演じることが決まっており、注目を集めています。

舞台 桃源郷ラビリンスの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/4/7()
  • 17:00
なかのZERO

東京都

舞台 桃源郷ラビリンス
18列センターブロックです。特典なしですが、キャスト先行のため非売品キャストブロマイド(会場手渡し)健人さん付属します。(返却不要)
1枚のみ4,000円/枚
  • 2019/4/4()
  • 19:00
なかのZERO

東京都

舞台 桃源郷ラビリンス
S席チケット(特典なし) 1階2列目
1枚のみ10,000円/枚

「桃源郷ラビリンス」の舞台は、桃太郎の発祥地となっている岡山市の古民家カフェです。カフェ桃源郷の店主、吉備桃太郎には桃太郎の転生体という秘密があります。カフェには、押しかけ店員である犬養津与志や常連客の大学生の楽々森類などワケアリの人が集まってきます。行き倒れていた犬養に桃太郎が餌付けをするなどの面倒見の良さといった桃太郎の人間性を端的に表している演出がされているのもこの舞台における魅力と言えるでしょう。ある日のこと、カフェ桃源郷に桃太郎とは異なる物語に出てくる名前を冠した人々がやってきます。彼らは過去に桃太郎と因縁がある人ばかりで、この件をきっかけとして、桃太郎は様々なトラブルに巻き込まれます。桃太郎の親友で、海外で仕事をしている大和尊にも時空を超えた因縁がありました。こうした桃太郎というおとぎ話の枠を超えた奇想天外の展開が待ち受けるといった演出も「桃源郷ラビリンス」の見どころとなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口