桃月庵白酒のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数160,063枚、本日の新着チケット数870

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

桃月庵白酒(トウゲツアンハクシュ)のチケット一覧

桃月庵白酒(トウゲツアンハクシュ)は江戸時代から続く落語の名跡です。初代は江戸時代の人物で「東都噺者師弟系図」にも故人として搭乗しています。3代目は落語協会に所属する1968年生まれの落語家で鹿児島県出身の愛甲尚人です。愛甲尚人は、桃月庵白酒となるまえに「五街道はたご」と「五街道喜助」の名跡でも知られていました。五街道雲助を師匠に芸を積んだ落語家で、「つる」や「木乃伊取りを得意の寝たとしています。落語を始めたきっかけは早稲田大学の学生時代時に所属した落語研究会での活動です。出囃子は「江戸」で、紋は裏梅と葉付き三つ桃でした。1992年に上野鈴本演芸場にて初高座を経験し、1995年には昇進して「喜助」に改名しています。「桃月庵白酒」を襲名したのは真打に昇進した2005年9月のことです。林家彦六賞受賞や花形演芸大賞の金賞など、数々の証を受賞するなど業界でも実力派を認められています。桃月庵白酒の落語は演芸場に足を運ぶ他、CDアルバムで「五街道喜助改メ桃月庵白酒」やDVDで「ワザオギ落語会VOL.1」でも楽しむことが可能です。

桃月庵白酒(トウゲツアンハクシュ)の日程

すべての日程

桃月庵白酒 独演会
瀧川鯉昇・桃月庵白酒 二人会
第63回 白酒ひとり
第17回 COREDO落語会
よってたかって春らくご ’19 夜
柳家喬太郎・桃月庵白酒・春風亭一之輔 三人会
第136回江戸川落語会 昼の部
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 個性派五人の噺まつり
平成三十一年 亥 新潟虹色寄席2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全6件 1-6件目

桃月庵白酒(トウゲツアンハクシュ)のチケットを都道府県で探す


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口