チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

トリニティ・アイリッシュ・ダンスのチケット一覧

トリニティ・アイリッシュ・ダンスは、1979年にトリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスとしてシカゴに創設されたダンス集団です。自らがダンサーで、振付師、舞台演出家でもあるマーク・ハワードが主宰し、1987年に本場アイルランドでおこなわれた世界アイリッシュ・ダンス・コンクールでアメリカの団体として初めて優勝しました。その後、数々の世界タイトルを手にし、一世を風靡しています。2008年に改称し、現在のトリニティ・アイリッシュ・ダンスとなりました。 日本での初演は2004年で、以来完売続出となっている人気のステージです。上半身を動かさずに下半身でリズムを刻むという伝統的なアイリッシュ・ダンスは、さまざまな進化を経て、芸術的なステップと華麗な衣装のエンターティメントとなりました。トリニティ・アイリッシュ・ダンスでは、世界中の音楽や舞踏からさまざまな要素を取り入れたプログレシブ・アイリッシュ・ダンスを発信しています。どれだけの練習が必要なのか想像もつかないスピーディで高いテクニックの足技と驚異的な跳躍の連続に目を奪われます。

トリニティ・アイリッシュ・ダンスの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/6/23()
  • 13:00
東急シアターオーブ

東京都

トリニティ・アイリッシュ・ダンス
1階3列目1〜20番内の良席です。 都合で行けなくなりました。
1枚のみ10,000円/枚
  • 2016/7/8()
  • 19:00
Bunkamura(オーチャードホール/シアターコクーン)

東京都

トリニティ・アイリッシュ・ダンス
S席 1階5列10番台
2枚連番(バラ売可)5,000円/枚

イングランドによる長い文化的抑圧に抗して生まれたアイルランドのダンスは、アメリカに渡った移民たちによってエンターテインメントとして花開きます。無数のグループによる多くの競技会が催され、ダンスの技術に加え、華やかな衣装や化粧、ダンサーの健康美までが競われました。 なかでもトリニティ・アイリッシュ・ダンスは世界大会で36回の優勝を飾った代表的なグループですが、今やそれだけにとどまらない存在です。オーケストラとの共演、ハリウッド映画や日本のドラマへの出演など他ジャンルと共演する一方で、世界中で講演を重ねて絶大な好評を博してきました。 個々のダンサーの力量はもちろん、見事にシンクロした群舞の迫力は驚異としか言いようがありません。ダンスを支え、鼓舞する少数精鋭のミュージシャンも超一流で、それだけでも聞く価値があります。 また極力、上半身の動きを抑えてタップだけで表現するのがアイルランドのダンスの特徴ですが、トリニティ・アイリッシュ・ダンスはインド舞踊など様々な要素を加え、さらに幅を広げています。挑戦的な姿勢もダンスだけを2時間見せるショーの構成も、彼らの実力と自負があってこそと言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート