笑福亭鶴瓶のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

笑福亭鶴瓶のチケット一覧

笑福亭鶴瓶は、上方落語の名跡で当代は代数としては二代目にあたります。当代は、上方落語の噺家であると同時に俳優やタレント、歌手、司会者やラジオパーソナリティとマルチな才能を発揮しています。 歌手としては、あのねのねのメンバーや現夫人と共にバンドを組んでいた事もあります。俳優としてもさまざまな映画、ドラマに出演し、独特の存在感を放っています。2009年に公開された初主演映画Dear Doctorでは、日本アカデミー賞で優秀主演男優賞、ブルーリボン賞、日刊スポーツ映画大賞、キネマ旬報ベスト・テンで主演男優賞を受賞し高い評価を受けました。これらの受賞経験からも分かるように、その演技力の高さには定評があります。 落語家としては多忙なタレント活動の相間をぬって、精力的に高座にも参加していて2003年には上方落語協会の理事に就任し、2008年からは上方落語協会の副会長に就任し、2018年からは上方落語協会相談役を務めています。 タレントとして活動し始めた当初、東京進出に失敗し2度目のチャンスにも失敗しかけた際に助け舟を出したのが、元2ビートのお笑い芸人兼映画監督のビートたけしで、今でも頭が上がりません。 笑福亭鶴瓶は、自身の身の回りで起こった嘘のようで本当の出来事を、鶴瓶ならではのユーモアな話術で披露するトークライブ「鶴瓶噺」を定期的に開催。2019年には4月10日(水)から14日(日)にサンケイホールブリーゼ(大阪府)、4月17日(水)から21日(日)に世田谷パブリックシアター(東京都)でそれぞれ公演が行われます。 また、2019年5月24日(金)、25日(土)、26日(日)に札幌文化芸術劇場hitarru(北海道)で開催される「さっぽろ落語まつり~東西人気落語家が札幌に大結集!~」への出演も予定されています。同イベントは、笑福亭鶴瓶のほか林家木久扇、桂ざこば、桂文枝、三遊亭好楽など東西の人気落語家28人が出演し、六代目三遊亭円楽がプロデュースする落語の祭典となっています。 マルチな才能でテレビでも見かける機会の多い笑福亭鶴瓶の話を間近で聴くことのできるイベントは必見です。

笑福亭鶴瓶の日程

すべての日程

笑福亭鶴瓶落語会
夢の三競演2019 三枚看板・大看板・金看板
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全7件 1-7件目

笑福亭鶴瓶のチケットを都道府県で探す








笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべ)は、1951年に大阪府で誕生した落語家・俳優・タレント・司会者です。高校時代に落語家を志望しはじめ、大学では落語研究会に所属。1972年に6代目笑福亭松鶴に入門し、アフロヘアーにオーバーオールという落語家らしからぬスタイルで周囲からの批判を受けながらも、落語の古臭いと言うイメージへの反発からそのような格好を続けていました。 落語家のとしての活動に並行して、1970年代後半には関西のテレビやラジオで活躍するようになりました。東京に進出するも出演番組が打ち切りとなりますが、1987年には笑っていいともにレギュラー出演するなどその知名度を向上させていきます。 1990年代には落語家、テレビ・ラジオでの活躍に加え、俳優や司会者としての活動も増え、誰もに知られる存在となりました。 落語家としては日常の話題をユーモラスに話す「鶴瓶噺」で新たなジャンルを築き、2000年には上方お笑い大賞を受賞。古典落語などにも挑戦しており、独演会も開催していますが、落語は「今が大事」という考え方から、DVDなどは発売していません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口