Tune-Yardsのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,518枚、本日の新着チケット数1,034

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

Tune-Yardsの来日ライブ・コンサートチケット一覧

Tune-Yards(チューン・ヤーズ)は、メリル・ガーバスとネイト・ブレナーからなる2人組の音楽プロジェクトです。イギリスのインディレーベルである4ADに所属しています。 Tune-Yardsのフロントマンであるメリル・ガーバスは、1979年にニュー・ジャージー州に生まれました。大学生卒業後には人形劇やベビーシッターなどの仕事を経験後、モントリオールに移り住んで本格的に音楽活動を始めました。 2009年には、自主制作盤である「バード・ブレインズ」を、アナログ盤とカセットテープで発表した所、音楽界で話題を呼びイギリスのインディレーベルである4ADの目に留まって、1000枚限定のCDとして再発売されることになりました。2011年には、「フー・キル」を発表して、アメリカの音楽メディアであるピッチフォークで、年間ベストリスト7位に選出される快挙を成し遂げました。2014年には、「ニッキー・ナック」を発表しています。 今後の活動として2019年2月21日には、東京Shibuya WWW Xにて来日公演が予定されています。

Tune-Yardsの日程

すべての日程

Tune-Yards 来日公演
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

Tune-Yardsのチケットを都道府県で探す

Tune-Yardsは、ビョークやハイライフ、レゲエなどからの影響を受けながら、80年代のサウンドを彷彿とさせる曲作りを行っています。ウクレレを弾きながらパーカッションを叩いて、アフロビートや変則ビートを駆使しながら個性の光る音楽を生みだして、大人から子供まで聴く人を問わず魅了しています。また、カナダで有名なアーティストであるアーケイド・ファイアのツアーに同行して、オープニングアクトを努めるという大役を果たしました。また、楽曲のマスタリングを担当しているのは、Jay-ZやChance The Rapperを手がけたDave Kutchが担当していることでも注目されていることが良く分かります。楽曲は、人種や政治問題、フェミニズムなどの社会問題をテーマにした作品が多くみられ、音楽以外にも精力的に活動を行っているようです。これから世界的な知名度を獲得するアーティストなので早めにチェックしておくべきです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口