有頂天のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

有頂天(ウチョウテン)のライブ・コンサートチケット一覧

ナゴムレコードの主宰者、ケラがボーカル、作詞を務めるテクノポップバンド、有頂天(うちょうてん)。結成は1982年で、みのすけ(ドラム)、トシ(ギター)、タボ(ギター)、チャチャマル(ベース)、ミカ(ベース)、エリコ(キーボード)、ジン(パーカッション)らが第一期有頂天のメンバーです。1980年代に起きたインディーズブームの中、THE WILLARD、LAUGHIN' NOSEと共にインディーズ御三家と呼ばれていました。以降何度かのメンバーチェンジを経た後、1991年に解散。1994年、1997年に一度ずつ再結成ライブを敢行し、2014年、再結成を発表。2015年6月17日に、ミニアルバム「lost and found」をタワーレコード限定でリリースし、活動を再開しました。そんな彼らの最新のサウンドを体感できるのが、2019年2月10日、24日の2回にわたって渋谷La.mamaで行われるワンマンライブ「La.mama 2days ~The end of H~」。平成最後のワンマンライブ、新曲も披露するとのことで、有頂天ファン必見のライブです。

有頂天(ウチョウテン)の日程

すべての日程

有頂天の大逆走

有頂天(ウチョウテン)のチケットを都道府県で探す

有頂天(ウチョウテン)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/2/24()
  •  
渋谷La.mama

東京都

有頂天 La.mama 2days The end of H
オールスタンディング
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2019/2/24()
  •  
渋谷La.mama

東京都

有頂天 La.mama 2days The end of H
店頭販売チケット B1~10のいずれかになります。入場順:手売り→ 店頭販売 → ローソンチケット・e+ 平行入場
1枚のみ10,000円/枚
  • 2019/2/10()
  •  
渋谷La.mama

東京都

有頂天 La.mama 2days The end of H
ライブ会場先行販売分になりますので整理番号かなり早めの番号になります。公演日も近いので早めのご検討をお願いいたします。
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/2/10()
  •  
渋谷La.mama

東京都

有頂天 La.mama 2days The end of H
会場先行発売分でB一桁前半です。
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/2/10()
  •  
渋谷La.mama

東京都

有頂天 La.mama 2days The end of H
店頭販売チケット B1~10のいずれかになります。入場順:手売り→ 店頭販売 → ローソンチケット・e+ 平行入場
1枚のみ5,540円/枚

1982年、ボーカリスト、作詞を務めるケラが中心となって結成されたテクノポップ、ニュー・ウェイヴバンド、有頂天(うちょうてん)。1980年代、インディーズブーム到来の中、THE WILLARD、LAUGHIN' NOSEと共に、インディーズ御三家と称されたバンドでもあります。結成当時は楽曲、ステージングなどコミカルな要素が多かったのですが、何度かのメンバーチェンジを経て、第4期メンバーのときに演劇的要素を廃し、よりポップな音楽性へと変化。1985年にリリースしたチューリップの「心の旅」のカバーがヒットし、インディーズ盤ながらオリコンチャートにランクインするなど人気に火がつきました。1986年にはキャニオンレコードよりメジャーデビューするも、1991年に解散。2014年に、後期メンバーによるセッションライブを敢行し、再結成を発表。ミニアルバム「lost and found」をリリースし、活動を再開しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口