うめだ文楽のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,913枚、本日の新着チケット数1,755

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

うめだ文楽のチケット一覧

「うめだ文楽」は、大阪にある複数の放送局が合同で主催する文楽(人形浄瑠璃)の公演です。2015年2月に初めて開催され、2016年と2017年にも開催されています。毎回演目は異なりますが、共通しているのは20代から40代の比較的若い技芸員(人形遣い)たちが出演していることです。文楽をより多くの人に親しんでもらうべく、文楽の解説やゲストを招待したトークショーも用意されています。 2017年のうめだ文楽は、3月の下旬に3日間にわたって1日2回の公演で開催されました。会場はグランフロント大阪にあるナレッジシアターです。演目は「義経千本桜~河連法眼(かわつらほうげん)館の段~」です。この演目は源義経を主人公としていて、兄の頼朝に追われている途中で起きた不思議なできごとを描いています。おもな出演者(人形遣い)は、豊竹希太夫、鶴澤寛太郎、鶴澤燕二郎などです。トークショーのゲストは公演ごとに異なり、シンガーソングライターの嘉門達夫やタレントのはるな愛などが招待されています。

大阪で生まれ、愛されてきた人形浄瑠璃の系譜、文楽。そんな古典芸能を、初心者でも気軽に楽しめるよう発足したのが、うめだ文楽です。大阪に拠点を持つ放送局が協力し合い、楽しく文楽を盛り上げています。観客の約半数は初心者ですが、詳しくわかりやすい解説付きなので、毎回観やすいと評判です。 特に、うめだ文楽の魅力は、出演者とゲストとのトークイベントです。毎回さまざまな分野から、文楽を愛するゲストが訪れ、楽しく熱いトークを繰り広げます。また、出演者に若手文楽メンバーが起用されているのも特徴で、パワフルで熱意あふれる舞台が楽しめます。 会場となるグランフロント大阪は駅にも近く、平日の夜の公演もあって、気軽に足を運べるのもうめだ文楽のいいところです。「文楽なんて敷居が高そう」という初心者の方は肩の力を抜いた体験文楽として、文楽ベテランの方は新たな若手演者との出会いを期待して、演目を楽しむことができます。出演者・ゲスト・観客がまさに一体となった公演は、文楽の魅力の新たな一面を、私たちに教えてくれます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口