チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

うつのみや花火大会のチケット一覧

関東一の打ち上げ数を誇る「2018うつのみや花火大会」が、宇都宮市道場宿緑地で 8月11日(土)に開催されます。打ち上げ総数3万発の同花火大会のテーマは「希望~未来を照らす大輪の花~」で、3部構成となっています。 花火大会の始まりとなる第1部は、尺玉ワイドの同時打ち上げによる「夢と希望」です。第2部では、テーマソングに連動した打ち上げや、宇都宮の名物である餃子モチーフのスターマインが、「百年花火~夏を彩るキラ×2☆餃子~」と題して打ち上げられます。そして第3部では、「雷都うつのみや」をテーマに、雷が日本一多い地域である宇都宮の夏を表現した、大迫力の花火が夜空を彩ります。後半の打ち上げエリア全体を使ったフィナーレは圧巻です。 うつのみや花火大会では、昨年も打ち上げを担当した日本屈指の煙火店、「(株)マルゴー」と「(株)丸玉屋小勝煙火」に加え、地元屈指の「(株)須永花火田島煙火工場」の3社が打ち上げを担当します。

うつのみや花火大会の日程

すべての日程

2020うつのみや花火大会

うつのみや花火大会のチケットを都道府県で探す

うつのみや花火大会の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/8/11()
  • 18:30
宇都宮市道場宿緑地

栃木県

2018うつのみや花火大会
椅子席×2枚あります。 自由席ですので、1枚のみでも構いません。
2枚連番(バラ売可)2,000円/枚
  • 2018/8/11()
  • 18:30
宇都宮市道場宿緑地

栃木県

2018うつのみや花火大会
★こちらは2018年8月11日(土)19時から、宇都宮市道場宿緑地にて開催されます「2018 うつのみや花火大会」のテーブル席4名様分の内の(2名様分)になりま〜す(^o^)/ ★友人と一緒に行こうと思い…購入をしたのですが、行けれなくなりましたので出品しま〜す(^o^)/ ★当日…私達も観覧予定で、宇都宮駅に新幹線で16:26分に到着予定ですので、17時頃に取り引き出来る方からのご購入をお待ち致しております(^^ゞ ★何か分からない事がございましたら、遠慮なく質問欄よりご連絡くださいませm(__)m ※なお…当日、荒天などにより中止になった場合…翌日に開催されます(^o^)/ チケットの返金に対しての保証は一才できませんので、ご購入の際には「安心プラス」をつけてのご購入をよろしくお願いしますm(__)m
2枚連番(バラ売不可)4,500円/枚
  • 2018/8/11()
  • 18:30
宇都宮市道場宿緑地

栃木県

2018うつのみや花火大会
カップルシート※先着順に座席番号のついたリストバンドを各席入場口にてお渡しします。※荒天時は8月12日(日)に順延 チケット1枚で最大2名まで入場可能
1枚のみ13,900円/枚
  • 2018/8/11()
  • 18:30
宇都宮市道場宿緑地

栃木県

2018うつのみや花火大会
カップルシート※先着順に座席番号のついたリストバンドを各席入場口にてお渡しします。※荒天時は8月12日(日)に順延 チケット1枚で最大2名まで入場可能
1枚のみ13,900円/枚
  • 2018/8/11()
  • 18:30
宇都宮市道場宿緑地

栃木県

2018うつのみや花火大会
4人のテーブル席です。 延期になってしまい東京に帰らなくてはならないためお売りします。 宇都宮駅で手渡しできる方お願いします。
1枚のみ18,000円/枚
  • 2018/8/11()
  • 18:30
宇都宮市道場宿緑地

栃木県

2018うつのみや花火大会
カップルシート2名 ※先着順に座席番号のついたリストバンドを入場口にてお渡しします。※チケット1枚で最大2名まで入場可能
1枚のみ19,000円/枚
  • 2012/8/10()
  • 17:30
神宮球場

東京都

スタンド席 1塁側 9列 148番 149番
2枚連番(バラ売不可)5,250円/枚
  • 2012/8/10()
  • 17:30
国立競技場

東京都

ぴあ先行当選分 スタンドSS席後段J列30番台
2枚連番(バラ売不可)8,000円/枚
  • 2012/8/10()
  • 17:30
神宮球場

東京都

Aブロック 20-30番 中止の際はチケット返却で委託手数料を引いた返金になります
2枚連番(バラ売可)15,000円/枚

うつのみや花火大会が初めて開催されたのは、2007年で、1984年から開催されていた「祝’84とちぎ博きぬ川大花火大会」を前身としています。地元経済の冷え込みにより、きぬ川花火大会は2003年に開催中止となってしまいますが、2007年にボランティアの有志によって復活しました。ゲリラ豪雨による順延や東日本大震災にも挫けず、2018年まで毎年開催されています。 現在では、地元を愛するボランティアが「NPO法人うつのみや百年花火」として集まっています。地元の方々やこども達、観光客に「夢と希望と感動」を届けるため、そして安全な花火打ち上げのため、日々準備を行っているのです。完全にボランティアが運営する花火大会としては、かなり大きな規模となっているうちのみや花火大会。2018年にはこれまで2万発だった打ち上げ総数を3万発へとパワーアップしています。 打ち上げ幅の広い特大スターマインや、全体を通じて音楽と連動した花火が打ち上げられます。大迫力の花火が描き出す「希望」を宇都宮の夜空で見てみませんか?


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート