UVERworldのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

UVERworld(ウーバーワールド)のライブ・コンサートチケット一覧

UVERworld(ウーバーワールド)は、TAKUYA∞(Vo,PROGRAMMING)、克哉(Gu)、信人(Ba)、誠果(Sax,MANIPURATOR)、彰(Gu,PROGRAMMING)、真太郎(Dr)の6人組ロックバンドです。2006年に前身のSOUND極ROCK(サウンドごくロード)を結成し、当時は現在の6人に加え、ボーカル担当1人を加えた7人組みでした。2003年に現在のバンド名となりました。UVERworldとは、「自分達の世界をも超える」という意味を持つ造語です。500以上の候補から彰が提案した「~World」と、「超える」という意味を持つドイツ語である「über」、英語の「over」を混ぜ合わせて作られました。2004年、新人発掘のためライブを観ていたソニー・ミュージックレコーズの社長にスカウトされ、その場で契約に至りました。翌2005年7月6日に「D-tecnoLife」でメジャーデビューを果たしました。2006年にはTHE JAPAN GOLD DISK AWARD 2006(第20回日本ゴールドディスク大賞)のニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。その後2008年の12月5日には、初の日本武道館単独公演を成功させました。 ファンクラブ名は「Neo SOUND WAVE」で、ファンは「Crew」と呼ばれています。 UVERworldは多くの曲を発表していますが、代表曲としては「儚くも永久のカナシ」が挙げられます。12枚目のシングルであるこの曲は、UVERworldが初めてオリコンチャート1位を獲得した曲です。また、「儚くも永久のカナシ」はアニメ「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」のオープニングテーマに起用されていました。その他にも、アニメ「BLEACH(第二期)」のオープニング主題歌であった「D-tecnoLife」や、ドラマ「黒の女教師」の主題歌であった「THE OVER」なども人気のある曲です。この他にも多数ドラマやアニメの主題歌を手がけています。また、「ゼロの答」は、PS2用のゲームソフト「無双OROCHI」のCMソングに起用されていました。ライブも精力的に行っており通常のツアーなどに加え、フェスにも多く出演しています。また、男性ファンのみが集う「男祭り」という企画物のライブイベントも開催しています。2019年2月14日から3月8日まで、ライブハウスツアー「UVERworld LIVE HOUSE TOUR 2019」を開催します。

UVERworld(ウーバーワールド)の日程

すべての日程

UVERworld東京ドーム2DAYS開催記念スペシャルイベント QUEEN’SPARTY&KING’SPARADEシアターライブ 舞台挨拶付きアンコール上映会
UVERworld Warm-Up GIG
UVERworld 誠果 生誕祭
UVERworld 真太郎 生誕祭
UVERworld LIVE 2019 at TOKYO DOME
UVERworld 「6 vs 45000」男祭り
1日券 MONSTER baSH 2019 -8/25
1日券 TRESURE05X 2019 -9/8
1日券 イナズマロックフェス2019 -9/21
1日券 PIA MUSIC COMPLEX 2019 -9/29
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全165件 1-100件目

UVERworld(ウーバーワールド)のチケットを都道府県で探す







UVERworld(ウーバーワールド)は、6人組ロックバンドです。2000年に結成されました。インディーズ時代より、生演奏と打ち込みによる同期演奏や、ヒューマンビートボックス、エフェクトを用いたボーカルなど、枠に囚われない多様性のある音楽を展開してきました。結成当時は地元の滋賀県を拠点に活動しており、メジャーデビューを機に活動拠点を東京に移しました。デビューから数年は共同生活を送っており、当時の家はその後プライベートスタジオとなりました。2008年には日本武道館、2010年には東京ドームで初のワンマンライブを成功させるなど、ライブ主軸に置いた活動をしています。2013年頃よりテレビ出演を控えている理由も、リハーサルや楽曲制作に注力するためです。2018年12月21日には、女性限定ライブ”女祭り”を日本武道館、男性限定ライブ”男祭り”を横浜アリーナで開催しました。男女別ライブは恒例となっていますが同日の昼夜公演を開催するのは初めての試みであり、通常のライブ以外のイベントにも力を入れています。なお2017年の男祭りでは、さいたまスーパーアリーナで自身最大の23,000人を動員しました。そして音楽フェスにも多数出演しており、日本最大級のロック・フェスティバルである「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」出演した際は、初出場にも関わらず4万人を動員するなど、ロックファンを中心に根強い支持を集めています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口