ヴェロニカ・エーベルレのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,564枚、本日の新着チケット数2,810

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

ヴェロニカ・エーベルレのコンサートチケット一覧

ヴェロニカ・エーベルレはドイツの女性のヴァイオリニストです。1988年ドイツのドナウヴェルトで生まれ、ヴァイオリンを始めたのは6歳でした。10歳の時にリヒャルト・シュトラウス音楽院のジュニアクラスに入学して、その10歳の時にミュンヘン交響楽団と共演してデビューを果たしています。最初はオルガ・ヴォイトヴァに師事して、その後にクリストフ・ポッペンのプライベート・レッスンを受けていました。2001年からミュンヘン音楽大学で学び、名教師といわれるアナ・チュマチェンコに師事しました。 17歳の時の2006年に、サイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とベートーベンの「ヴァイオリン協奏曲」を共演しました。これがきっかけで世界的に注目されるようになります。国際コンクールで目立つ受賞歴はありませんが、北ドイツ管弦楽団、ニューヨーク・ハーモニック、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団などの一流オーケストラと共演しています。初来日は2008年11月で、イルジー・コウト指揮のNHK交響楽団とドボルザークの「ヴァイオリン協奏曲」を共演しました。そして2019年3月27日にトッパンホールで無伴奏でのリサイタルを行います。

ヴェロニカ・エーベルレの日程

すべての日程

ヴェロニカ・エーベルレ  ヴァイオリン・リサイタル
第884回 定期演奏会 Aシリーズ 若杉弘没後10年記念
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

ヴェロニカ・エーベルレのチケットを都道府県で探す

ヴェロニカ・エーベルレは、2018年10月にトッパンホールでの初リサイタルを行いました。使用するヴァイオリンは、日本音楽財団に貸与された1700年製のストラディヴァリウスの「ドラゴネッティ」です。その時はピアニストのシャイ・ウxスネルとの共演で、バルトークの「ヴァイオリン・ソナタ第1番」、バッハの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番ホ長調」、シューマンの「ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調」を演奏しました。 2019年3月27日のリサイタルは、主催者のトッパンホールのリクエストによる無伴奏プログラムとなります。曲目はバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調」と「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調」、二コラ・マッティスの「《ヴァイオリンのためのエア集》第2番より<ファンタジア>」、イザイの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調」、ビーバーの「《ロザリオのソナタ》より第16曲<パッサカリア>」、ブーレーズの「アンセム1」です。バロックと現代の作品という多彩なプログラムで、力強さとしなやかさを併せ持つ気品あふれるヴァイオリンの音色を堪能できることでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口