ウェールズ弦楽四重奏団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,518枚、本日の新着チケット数1,034

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ウェールズ弦楽四重奏団のコンサートチケット一覧

ウェールズ弦楽四重奏団は、2006年に結成されました。メンバーは崎谷直人、三原久遠、横溝耕一、富岡廉太郎です。2010年からは活動拠点をスイス・バーゼルに移し、バーゼル音楽院のハーゲン四重奏団のもとで修行しました。その間もヨーロッパの各種音楽祭に出演しました。そして2013年2月から日本を拠点に活動しました。2015年7月8日、1stアルバム『モーツァルト:弦楽四重奏曲 ハ長調 K.465「不協和音」 クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581』をリリースしました。結成10周年を迎えた2016年には、第一生命ホールや東京文化会館、ミューザ川崎シンフォニーホール等で公演を行いました。2019年1月16日、iichiko総合文化センター・音の泉ホール(大分)にて「ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全曲演奏会 in 大分 Vol.3」を開催します。演目は「弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 作品59-3『ラズモフスキー第3番』」、「弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 作品132」です。

ウェールズ弦楽四重奏団は、2006年に結成した弦楽カルテットです。メンバーの崎谷直人(バイオリン)、三原久遠(バイオリン)、横溝耕一(ビオラ)、富岡廉太郎(チェロ)は全員が桐朋大学に在籍しており、同大学にて活動を始めました。軽井沢八月祭、宮崎国際音楽祭など、国内の演奏会に多数出演しました。2008年の2008年ミュンヘンARD国際音楽コンクールでは第3位に輝き、日本人としては38年ぶりの入賞を果たしました。翌2009年3月23日には、王子ホールにて、正式なデビュー公演を開催しました。2010年からはバーゼル音楽院で修行しました。2008年、2010年、2011年度には松尾学術振興財団の助成を受けています。2012年6月にバーゼル音楽院を修了したことに伴い、2013年2月からは日本を活動拠点としています。2015年7月にデビューアルバムをリリースし、NHKの「ベストオブクラシック」や「クラシック倶楽部」などに出演しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口