ウィーン国立バレエ団のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数177,369枚、本日の新着チケット数753

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ウィーン国立バレエ団のコンサートチケット一覧

ウィーン国立バレエ団は、世界で最も高い権威を誇るオペラハウス、ウィーン国立歌劇場を本拠地とする、世界最高峰のバレエ団です。ダンサーの階級は第1ソリスト(ファーストソリスト)、ソリスト、デミ・ソリスト、コール・ド・バレエの4つに分かれ、2016年には日本人が初めて第1ソリストに選ばれ、話題になりました。 レパートリーは多岐にわたり、2017、18年のシーズンでは、100人にものぼるバレエダンサー、バレリーナが、87の公演で、最高の舞踊芸術を披露します。さらに「海賊」等の新たなレパートリーに挑戦するなど、その歴史に驕ることなく、常に進化し続けているバレエ団です。 日本にいるとなかなかその素晴らしいバレエを見ることは叶いませんが、年に一度、私たちがテレビでその姿を見られることがあります。それが、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートの生中継です。ウィーンフィルの演奏する甘美な響きのバレエ音楽にのせて、宮殿の中や庭で踊る美しいバレエを眺めうっとりするのは、至福のときです。

ウィーン国立バレエ団の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/5/15()
  • 19:00
フェスティバルホール

大阪府

ウィーン国立バレエ団 海賊
2階A席1列一桁台中頃~後半2枚連番セット
2枚連番(バラ売可)8,500円/枚
  • 2018/5/15()
  • 19:00
フェスティバルホール

大阪府

ウィーン国立バレエ団 海賊
1階ボックス席A列一桁中頃
2枚連番(バラ売不可)25,000円/枚

ウィーン国立バレエ団は、オーストリアのウィーンを拠点とする世界トップレベルのバレエ団です。その歴史は2010年9月1日組織体制の見直しに伴う名称変更から始まりましたが、その起源であるウィーン国立歌劇団バレエにまでさかのぼるとバレエ団として長い歴史を誇ります。そんなウィーン国立バレエ団の魅力を語る上で忘れてならないのが、芸術監督を務める「マニュエル・ルグリ」の存在です。2010年9月の名称変更以来、芸術監督を務めるマニュエル・ルグリは、パリ・オペラ座の元エトワールであり、その踊りの天性の才能から、今なお多くのファンのいるバレエダンサーとして知られています。加えて、その高い音楽性からプロデュース能力も高い評価を受けており、そんな彼が作り出す演目の数々は世界中のバレエファンを魅了し続けています。また、その演目の多くが、ヨハン・シュトラウス2世の「こうもり」をはじめとしたオーストリアの伝統を受け継ぐ一方、バレエに詳しくない人でも楽しみやすい作品を中心としている点もウィーン国立バレエ団の魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口