ヴィッセル神戸のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,254枚、本日の新着チケット数766

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

ヴィッセル神戸のチケット一覧

ヴィッセル神戸は、兵庫県神戸市をホームタウンとするプロサッカークラブで、Jリーグ加盟チームの一つです。主要株主は楽天で、「楽天ヴィッセル神戸株式会社」として運営されています。「ヴィッセル」は英語のVICTORY(勝利)とVESSEL(船)を組み合わせてた造語で、港湾都市である神戸を拠点に、勝利へ突き進む、という意味が込められています。また、マスコットも神戸に馴染みの深い「牛」をモチーフにしていて、「モーヴィ(MOVI)」という名前です。牛の鳴き声の「モー」とクラブ名の由来「VICTORY」を合わせたものとなっています。ホームスタジアムは御崎公園球技場"ノエビアスタジアム神戸"で、収容人数は28000人です。また、練習場は神戸市西区櫨谷町にある「いぶきの森球技場」です。1966年に創設された川崎製鉄水島サッカー部が前身であり、1994年に現在の「ヴィッセル神戸」として設立。当時のスポンサーはダイエーでした。1997年にJリーグへ加盟し、1年目にはリーグ史上初のフェアプレー賞(高円宮杯)を受賞しました。1998年は韓国代表FW金度勲を獲得しました。J2リーグでは「J2フェアプレー賞」を2013年に受賞しています。ユニフォームスポンサーは胸には楽天、鎖骨には楽天アスプリアンと楽天toto、背中上部にはジュゼット、背中下部には川崎重工業、袖にはノエビア、パンツにはケンミン食品のマークがあります。クラブ成績はJリーグ加入後はほぼJ1をキープしていて、徐々に成績を上げて現在はJ1でも中堅を維持しています。試合の入場者数も増加を続け、2018年には平均20000人を突破するなど、人気を高め続けています。また、クラブ創設時からアカデミーを運営しており、ジュニアユースチームも設立されています。2019年はクラブスローガンとして「the No.1 Club in Asia ~ 一致団結 ~」」を掲げて活動中です。

ヴィッセル神戸の日程

すべての日程

J1リーグ 第9節 ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ
J1リーグ 第11節 ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ
J1リーグ 第13節 ヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレ
J1リーグ 第16節 ヴィッセル神戸vs大分トリニータ
J1リーグ 第17節 ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス
J1リーグ 第20節 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス
J1リーグ 第21節 ヴィッセル神戸vsガンバ大阪
J1リーグ 第23節 ヴィッセル神戸vs浦和レッズ
J1リーグ 第25節 ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 セレッソ大阪vsヴィッセル神戸
J1リーグ 第10節 北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 大分トリニータvsヴィッセル神戸
J1リーグ 第12節 横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第6節 ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス
J1リーグ 第14節 ジュビロ磐田vsヴィッセル神戸
J1リーグ 第15節 FC東京vsヴィッセル神戸
J1リーグ 第18節 清水エスパルスvsヴィッセル神戸
J1リーグ 第19節 湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸
J1リーグ 第22節 大分トリニータvsヴィッセル神戸
J1リーグ 第24節 サガン鳥栖vsヴィッセル神戸
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全235件 1-100件目

ヴィッセル神戸のチケットを都道府県で探す







ヴィッセル神戸は、Jリーグに所属する日本のプロサッカークラブのひとつです。前身である川崎製鉄水島サッカー部が1966年に岡山で発足し、神戸にプロサッカーチームを創設するための誘致活動を受けて1994年に神戸に移転。名称が現在の「ヴィッセル神戸」となり、1997年にはJリーグに所属しました。クラブ名は「ヴィクトリー(VICTORY)」と船を意味する「ヴェッセル(VESSEL)」を組み合わせていて、マスコットキャラクターは牛のモーヴィであるなど、牛が名産として知られる港湾都市の「神戸」という場所に根づいたテーマが設定されています。創設当初は当初のスポンサーの撤退やJ1での厳しい成績もあり苦戦を強いられたものの、2004年に楽天がスポンサーになり、集客面でもJ1の順位の面でも徐々に記録が上昇。Jリーグを支える中堅チームのひとつとして、また神戸を象徴するプロスポーツチームとして、支持を集め続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口