VOICARIONのチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数139,374枚、本日の新着チケット数266

VOICARION(ヴォイサリオン)のチケット一覧

VOICARION(ヴォイサリオン)は、声優を中心として時には俳優を交えて数人で役割分担してキャラクターを声で演じる朗読劇です。2016年には8月27日から9月5日までの9公演が日比谷シアタークリエで開催されました。公演内容は8月は女王のいた客室で、20世紀始めのパリのホテルを舞台にロマノフ王朝最後の生き残りとなった貴族が従業員として繰り広げるヒューマンドラマで、9月はMr.Prisonerで、あらすじとしては、19世紀のイギリスが舞台でロンドン塔の地下の独居房に一人の囚人が閉じ込められていて絶対に声を聞いてはならない囚人と呼ばれていました。しかし周囲の人間に不思議な指示が出されていてそこから不思議な出来事が起こるという物語です。8月は昼間の公演で20分の休憩を挟んで2部構成で開催され、9月は3日が19時、4日が14時30分と19時、5日が16時からの公演で、休憩20分を挟んだ前半50分、後半1時間10分の2部構成です。

VOICARION(ヴォイサリオン)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2016/9/3()
  • 19:00
シアタークリエ

東京都

「Mr.Prisoner」
18-22列
1枚のみ9,500円/枚
  • 2016/8/31()
  • 19:00
シアタークリエ

東京都

「女王がいた客室」8/31
5列 センターブロック
1枚のみ11,000円/枚

VOICARION(ヴォイサリオン)とは、俳優や声優の組み合わせで朗読を行うイベントです。例えば山寺宏一、林原めぐみ、上川隆也で「ミスタープリズナー」という台本が読まれた講演などがあります。しっとりとした雰囲気で、一切動きがなく、プロの声の抑揚や強弱や声の使い分けにより臨場感があり、目をつむって聞いているだけで情景が思い浮かびます。ヒーリング効果もあり心が落ち着きますのでストレス発散にもつながります。音源もありますので、バックミュージックも聞きどころの一つで、オーケストラやジャズなど多彩なジャンルがありますので音楽を楽しむことも可能です。ゆったりとしたシートに座り、適度な明るさの中、鑑賞できますので、心地がいいのも特徴です。普段聞くことのできない役者の声や表情を堪能できることも魅力の一つとなっています。声だけで想像をさせてくれるという技術の高さがVOICARION(ヴォイサリオン)の魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口