声優朗読劇 フォアレーゼンのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

声優朗読劇 フォアレーゼンのチケット一覧

声優朗読劇 フォアレーゼンは、人気声優が出演するオリジナル朗読劇です。クラシック音楽や文学作品、各地の郷土史を題材としたオリジナル脚本です。脚本は作家の中野順哉が担当しています。2018年3月に初公演が行われ、その後日本全国で上演しています。公演地によって演目や出演声優が異なるため、バラエティ溢れる朗読劇となっています。これまでに那須与一や最上義光といった歴史上の武将を題材としたストーリーや、モーツァルトをテーマに「本当は危ないモーツァルト」などのオリジナル台本が上演されました。「進撃の巨人」で主人公のエレン役を担当した梶裕貴、逢坂良太、白井悠介、廣瀬大介などが出演しました。朗読劇のあとにはトークコーナーがあり、舞台裏や製作秘話などが語られています。9月1日藤沢市民会館大ホール(神奈川)、9月9日沼津市民文化センター大ホール(静岡)、10月21日大津市民会館大ホール(滋賀)、10月28日石橋文化ホール(福岡)が予定されています。

声優朗読劇 フォアレーゼンの日程

すべての日程

声優朗読劇 フォアレーゼン
声優朗読劇 フォアレーゼン 館林公演
声優朗読劇 フォアレーゼン ヴェルサイユ騒動記

声優朗読劇 フォアレーゼンのチケットを都道府県で探す

声優朗読劇 フォアレーゼンの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/3/2()
  • 14:00
埼玉会館

埼玉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 埼玉公演
S席 10〜13列1〜15番のお席になります。 入金確認後、簡易書留にて発送致します。
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/3/2()
  • 14:00
埼玉会館

埼玉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 埼玉公演
10列 16~26
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/3/2()
  • 14:00
埼玉会館

埼玉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 埼玉公演
S席 未発券のため座席はわかりません。 発券番号をお伝えしますので、12/15以降にご自身でファミリーマートにて発券ください。
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/3/2()
  • 14:00
埼玉会館

埼玉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 埼玉公演
1階5列中央部 S席
1枚のみ9,000円/枚
  • 2019/3/2()
  • 14:00
埼玉会館

埼玉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 埼玉公演
2〜4列センターブロック
1枚のみ20,000円/枚
  • 2019/2/9()
  • 14:00
千葉市民会館

千葉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 千葉公演
8〜10列センターブロック
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/2/9()
  • 14:00
千葉市民会館

千葉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 千葉公演
12列
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/2/9()
  • 14:00
千葉市民会館

千葉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 千葉公演
メルマガ会員先行 8列 下手側ブロック
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/2/9()
  • 14:00
千葉市民会館

千葉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 千葉公演
メルマガ先行 S席 8列5~25番
1枚のみ6,000円/枚
  • 2019/2/9()
  • 14:00
千葉市民会館

千葉県

声優朗読劇 フォアレーゼン 千葉公演
メルマガ会員先行 S席 9列
1枚のみ6,000円/枚
  • 2018/3/4()
  • 15:00
熊野市民会館

三重県

声優朗読劇 フォアレーゼン【三重公演】
1階 う列(前から3列目) 16~25番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/3/4()
  • 15:00
熊野市民会館

三重県

声優朗読劇 フォアレーゼン【三重公演】
お〜く列 16〜26番以内
1枚のみ13,000円/枚

声優朗読劇 フォアレーゼンは、人気声優による朗読劇です。フォアレーゼンとはドイツ語で「読み聞かせる」という意味があります。オリジナル台本のテーマにモーツァルトといったクラシックや、郷土史・古典作品を取り上げています。初演は2018年3月4日に熊野市民会館(三重)で行われ、その後各地で上演されています。演目は「伊豆の踊子」や「源平盛衰記外伝・那須与一」などが上演されました。モーツァルトでは実際にチェンバロの生演奏が入る演出で、日本を代表するチェンバリストである中野振一郎が登場しました。脚本は作家の中野順哉で、出演は公演ごとに異なる声優が登場します。これまでに梶裕貴、逢坂良太、白井悠介、廣瀬大介などが出演しています。上演後のトークコーナーでは出演者による役作りや舞台裏などが公開されます。同じ役柄であっても担当声優により異なる役作りとなっているため、普段は見ることのできない声優業の世界に触れることもできるコーナーです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口