チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

徳島ヴォルティスのチケット一覧

徳島ヴォルティスはJ2リーグに参加しているプロサッカークラブです。ホームタウンは徳島県全県(徳島市、鳴門市、美馬市、板野町、松茂町、藍住町、北島町など)としています。前身は1955年に創部した大塚製薬サッカー部で、1990年に日本サッカーリーグ2部へ昇格へ昇格しました。1999年より日本フットボールリーグ(JFL)へ参戦。2004年に徳島ヴォルティスを設立しました。2005年よりJ2リーグに参加、大塚製薬時代からのメンバーの活躍もあり初年度は12チーム中9位の成績を収めます。美濃部直彦が監督に就任した2008年から2009年にかけて、西河翔吾、藤田泰成、米田兼一郎、徳重隆明、三田光、高桑大二朗、上野秀章、井上渉、筑城和人、三木隆司、青山隼といったJ1経験者を獲得。2010年には開幕4連勝を果たします。2011年は怪我などで主要メンバーが欠場しフルメンバーは揃いませんでしたが、J1昇格争いに食い込み一時はリーグトップにも立ちました。小林伸二が監督に就任した2012年は戦績がふるわなかったものの、2013年は12試合連続負けなしを記録。プレーオフ決勝戦で京都サンガF.C.に勝利四国勢初となるJ1リーグ昇格となりました。2014年に参戦した初のJ1リーグは開幕9連敗を喫するなど序盤から苦戦し、2015年より再びJ2リーグへ移行。2017年よりリカルド・ロドリゲスが監督に就任。再びプレーオフに進出する活躍を見せています。2019年は大崎玲央、島屋八徳、山﨑凌吾、大本祐槻といった主力選手が移籍するも、ピーター・ウタカやダビド・バラルらの活躍があり昇格プレーオフに進出。アウェイゲームで苦戦したため、惜しくもJ1昇格は逃しました。ロドリゲス体制4年目となる2020年で、J1再昇格が期待されています。2020年2月23日、J2リーグが開幕します。ホーム開幕戦の対戦相手は東京ヴェルディです。

徳島ヴォルティスの日程

すべての日程

J2リーグ 第22節 徳島ヴォルティスvs松本山雅FC
J2リーグ 第24節 徳島ヴォルティスvsFC琉球
J2リーグ 第25節 徳島ヴォルティスvs愛媛FC
J2リーグ 第27節 徳島ヴォルティスvsヴァンフォーレ甲府
J2リーグ 第29節 徳島ヴォルティスvsアルビレックス新潟
J2リーグ 第21節 大宮アルディージャvs徳島ヴォルティス
J2リーグ 第23節 V・ファーレン長崎vs徳島ヴォルティス
J2リーグ 第26節 ファジアーノ岡山vs徳島ヴォルティス
J2リーグ 第28節 レノファ山口FCvs徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティスのチケットを都道府県で探す

徳島ヴォルティスの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/12/1()
  • 13:05
鳴門・大塚スポーツパーク(ポカリスエットスタジアム)

徳島県

2019J1参入プレーオフ 1回戦 徳島ヴォルティス vs ヴァンフォーレ甲府
A自由席
2枚連番(バラ売不可)2,000円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ビジター自由 一般
2枚連番(バラ売不可)3,000円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ビジター自由 一般
2枚連番(バラ売不可)3,000円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ビジター自由席
2枚連番(バラ売不可)3,500円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ビジター自由席
2枚連番(バラ売不可)3,500円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ビジター自由席
2枚連番(バラ売不可)3,500円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ビジター自由席(ガンバ大阪側) 大人
2枚連番(バラ売不可)4,500円/枚
  • 2014/12/6()
  • 15:30
鳴門・大塚スポーツパーク

徳島県

徳島ヴォルティス VS ガンバ大阪
ホーム自由席(大人)1〜2枚です。
2枚連番(バラ売可)10,000円/枚

徳島ヴォルティスは徳島県全県をホームタウンとするプロサッカークラブです。創設は2004年(前身の大塚製薬サッカー部は1955年)で、チーム名の「ヴォルティス」は大塚製薬サッカー部時代の愛称を引き継いでいます。2005年以降はJ2リーグに参加し、2014年には四国勢初のJ1昇格を果たしました。実業団が前身ということもありチーム発足当初はメンバーに社員が多く、また現在に至っても大塚製薬が主要スポンサーを務めています。リカルド・ロドリゲス監督体制のもとJ1昇格をかけたプレーオフにも進出するなど、J2リーグを牽引するチームのひとつとなりました。マスコットキャラクターはたぬきをモチーフにしたヴォルタくんとティスちゃんで、クラブとサポーターの強固な繋がりを象徴しています。地域におけるサッカーの育成・普及にも力を入れており、2030年までにチームの3分の1をアカデミー出身や徳島県出身者とする目標を掲げています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート