関口シンゴのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

関口シンゴのライブ・コンサートチケット一覧

14歳でギターを弾きはじめて20歳には作曲活動を開始した、関口シンゴは、今ではギタリストの顔もありプロデューサーの顔もあります。楽曲制作やレコーディングやミックスまでもをこなすマルチクリエイターです。さまざまなプロジェクトで活躍しており、ソロプロジェクトのvusik こだまかおる(ヴォーカル)とのユニットEARTや、Shingo SuzukiとmabanuaとのユニットOvallなどがあります。ユニットEARTのこだまかおるは、風景や映像の浮かぶ音楽をコンセプトに活動しています。2009年、Ovallのギタリストとして朝霧JAMに出演して、会場の空気を一変させました。2010年の世界のアーティストが集結してできたファーストアルバムでは、ヨーロッパでもリリースされたことから話題を集めました。それ以後、フジロックフェスティバルなどの大型フェスに出演して、注目を集めています。

関口シンゴの活動について

関口シンゴはソロプロジェクトを中心にライブやイベント活動を行っているギタリストであり、ギター以外にもコンポーザーやプロデューサーもこなすオールマイティーな活躍をしているアーティストです。単独でワンマンライブなどを開催する一方でほかのアーティストとのユニットを結成して音楽活動を行うこともありますし、提供する楽曲に関しては楽曲製作からレコーディング・ミックスまで自らこなしているというクリエイターとしての才能も発揮しています。彼の特徴はそのオールマイティーに活躍することができる才能と、緊張感とピースフルな吸気が共存するパフォーマンスであり、単独であっても圧倒的な存在感を放つことができる部分が魅力となっています。ライブ活動やイベント関連での活動については、ワンマンライブやユニットでのライブ活動を幅広くこなしており、ライブハウスやイベント会場を中心に全国展開でライブを開催しています。イベント関連では音楽フェスタなどにゲストとして参加することがあり、参加する場合は単独であったりユニットであったりと様々な形態で参加しています。単独もしくはユニットのいずれでもそれぞれ違うパフォーマンスや演出を楽しむことができるところが、ファンにとっても楽しみとなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口