和楽器バンドのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

和楽器バンドのライブ・コンサートチケット一覧

和楽器バンドとは、日本のロックバンドで、尺八・箏・三味線・和太鼓の和楽器とギター・ベース・ドラムの洋楽器を取り入れた、今までにはない形のロックバンドです。ヴォーカルを鈴華ゆう子、箏をいぶくろ聖志、尺八を神永大輔、津軽三味線を蜷川べに、和太鼓を黒流、ギターボーカルを町屋、ベースを亜沙、ドラムを山葵がそれぞれ担当しており、8人のメンバー構成となっています。 2013年3月に、ヴォーカルの鈴華ゆう子の「日本古来の伝統芸能をもっと親しみやすいようにポップな世界へ広げたい」との思いから、鈴華ゆう子with和楽器バンドを結成。その後はメンバーチェンジ等があり、2014年1月に渋谷Club Asiaで初の単独ライブをして、この時から正式に和楽器バンドと言う名前で活動を始めました。 2015年4月にはミュージックステーションで念願の地上波初出演と生演奏を果たします。この時に演奏された「千本桜」と言う曲はボーカロイドのカバー曲で、他にも沢山のアーティストがカバーする曲ですが、和楽器バンドの「千本桜」は動画配信サイトにて、約2ヶ月で200万回再生を突破し、世界が注目するバンドとなりました。 その後も、デビュー1年半でリリースしたアルバムでオリコンチャート1位を獲得。2016年1月には初の武道館ワンマンライブを行い、1万人を熱狂させます。2015年3月には「千本桜」の動画再生回数が1590万回を突破。世界的な人気は加速し、初の海外公演となる台湾公演のチケットは約3分で完売となり、追加公演のチケットも同じく約3分で完売。アジアのみならず北米単独ツアーも行なうなど、世界的に注目されているロックバンドです。 2018年にはアルバム「オトノエ」を引っさげた全国ツアーを行ない、2019年1月にはさいたまスーパーアリーナで大新年会を開催しました。同年4月には、出雲大社の御遷宮完遂と和楽器バンドデビュー5周年を記念したイベント「出雲大社御遷宮環椎記念『和楽器バンド5th Anniversary 単独奉納公演 in 出雲大社」』」を出雲大社(島根県)で開催。出雲大社と和楽器バンドのコラボレーションを見ることができる貴重なイベントとなっています。

和楽器バンドの日程

すべての日程

和楽器バンド Japan Tour 2019 REACT
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全33件 1-33件目

和楽器バンドのチケットを都道府県で探す







和楽器バンドは、日本の8人組音楽グループです。三味線や尺八、箏、和太鼓といった和楽器にギターやベース、ドラムなどの洋楽器を加えた異色のグループで、ボーカルは詩吟の師範である鈴華ゆう子が務めています。 2014年に千本桜を含むボーカロイド楽曲をカバーしたアルバム「ボカロ三昧」でメジャーデビュー。2015年にリリースしたセカンドアルバム「八奏絵巻」ではグループ初となるオリコンウィークリーチャート1位を獲得しています。これまでにアニメや映画の主題歌などを多数務め、伝統的な和の楽器とロックな音楽を融合させた和楽器バンドならではの音楽性で、国内だけでなく海外からも高い支持を受け続けています。 ボーカロイド楽曲などのカバーやオリジナル楽曲が披露されるライブでは、激しいロックや大正ロマンを感じさせるようなジャズ、歌声が染み入るようなバラードなど幅広い楽曲を聴くことができます。さまざまな楽器を演奏する和楽器バンドだからこその音の広がりを感じることができるのは、ライブならでは。 和楽器バンドのライブは熱く激しいことでも知られています。メンバーそれぞれが個人でも活躍している実力派のグループでもあり、非常に高い演奏能力と抜群の歌唱力が魅力です。また、ライブで毎回行われる、和太鼓の黒流とドラムスの山葵による打楽器バトルも見どころの一つで、毎回たいへんな盛り上がりを見せる人気コーナーとなっています。 国内外で活躍を見せる和楽器バンドの今後の活躍から目が離せません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口