Who the Bitchのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Who the Bitch(フーザビッチ)のライブ・コンサートチケット一覧

Who the Bitch(フーザビッチ)は2005年に結成されたロックバンドです。メンバーはボーカル、ギターのehi、ボーカル、ベースのNaoの女性ツインボーカルの体制をとっています。かつてはボーカル、ベースのKASSANが2005年まで、ドラムのyatchは2013年まで所属をし、活動を行っていました。バンド活動の紆余曲折も経て、現在は生きるという事に焦点をあてたエモーショナルな楽曲作品が多くなっています。代表曲には「Superstar」、「カリスマヒーロー」、「Hello again」などがあります。ライブツアーも積極的に行っており、大阪や名古屋、東京、札幌など大都市圏を中心にワンマンライブツアーなども行っています。

Who the Bitch(フーザビッチ)の日程

すべての日程

Catch my Letter Tour 2019 Who the Bitch presents

Who the Bitch(フーザビッチ)のチケットを都道府県で探す

パンクは生きている!Who the Bitch(フーザビッチ)の音楽性

Who the Bitch(フーザビッチ)はパンクを中心にロックを楽しんでいるバンドだ。音楽を楽しむということは音楽家であれば基本の仕事で、お客を楽しませるのはもちろんだが、バンドのメンバー自身が音楽を楽しんでなければお客にはその音楽のよさは伝わらない。生きるということに焦点をあてた楽曲も彼らの持ち味となっていて、今は自主レーベルで活動を行いながらサポートメンバーを加えるなど、様々な新しい要素を取り入れて音楽活動を行っている。2005年に結成されて以来、メンバーの脱退や加入といった大変な局面にぶつかりながらも、彼ら独自の音楽性を模索しながらライブ活動を行っている。ビジュアル系とパンクの要素を合わせ持った日本では珍しい女性ユニットである。結成当初は3ピースバンドとして活動を行っていたが、Drが脱退後、二人になった彼女らはたくさんのライブを精力的にこなしながら、自分たちの音楽性を見失わずに追求し続けてきた。バンド名からは想像もつかないせつないメロディーと心のこもった声のちから強さ、圧倒的なパフォーマンスでファンを魅了し、静と動を合わせもつライブパフォーマンスを展開して、見た目のかわいさだけではばなく実力も兼ね備えたアーティストに成長している。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口