ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートチケット一覧

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、オーストラリアのウィーンで活動している世界で最も有名なオーケストラです。 メンバーの自主運営によるオーケルトで常任指揮者や音楽監督を置かない団体として知られています。世界でも最高レベルのオーケストラと称されているウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、1841年、オットー・ニコライによって創設されました。通常オーケストラではクラリネットやファゴットなどの楽器は使用されないのですが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団では他のオーケストラでは使用されない楽器を使うことでも有名です。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で演奏するためには、オーディションに合格しウィーン国立歌劇場の団員として3年間の演奏実績を積むことが必須条件としてあります。この活動を経て初めて、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の自主運営協会にメンバー申請をすることができます。 毎年新年を迎えると必ず行われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートのチケットは、販売開始直後からすぐに完売になり、このコンサートチケットを手に入れるには「幸運が必要だ」ともいわれる程、入手するのが難しいチケットです。ほか定期演奏会や演奏旅行などを行っています。2019年11月には、毎年恒例となっているサントリーホールでの「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン」で演奏を披露します。指揮者として、巨匠クリスティアン・ティーレマンと俊英アンドレス・オロスコ=エストラーダが登場します。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の日程

すべての日程

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2019 オープニング ~サントリー芸術財団50周年記念~
アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
クリスティアン・ティーレマン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全29件 1-29件目

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチケットを都道府県で探す


世界で最も有名なオーケストラのひとつとしてその名を知られるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。オーストリア・ウィーンのウィーン楽友協会大ホール(ムジークフェラインザール)を本拠地としています。1842年3月、帝国王立宮廷歌劇場のオーケストラとして、大コンサートにて誕生。歌劇場の楽長でもあるオットー・ニコライがこの演奏の指揮を務めました。1860年1月には、宮廷歌劇場の監督に就任したカール・エッケルト指揮のもと初めて定期演奏会を開催。以来、現在まで150年以上にわたり続けられています。第二次世界大戦直後には戦争の影響で活動が困難になった時期もありましたが、数年で復活を遂げ演奏旅行も再開。1956年には初めて来日し、東京宝塚劇場で公演を行いました。ニコライやエッケルトを含め多くの指揮者を輩出してきましたが、戦後の定期演奏会で57回指揮を務めたカール・ベームと、小澤征爾の師匠であり日本でも人気の高いヘルベルト・フォン・カラヤンは名誉指揮者に選ばれています。また小澤征爾も名誉団員に名を連ねています。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団はさまざまなコンサートを行っており、年間でオーケストラに120日、オペラに300日を費やしています。9月〜6月にかけて月1回の定期演奏会、世界的に最も有名なコンサートでもあるニューイヤーコンサート、シェーンブルン宮殿の敷地内で開催される夏の夜のコンサートなどがあります。「ウィーン・フィル・ウィーク」はニューヨーク、東京、ケルンで開催され、東京では赤坂アークヒルズにあるサントリーホールが会場となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口