山崎まさよしのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数183,270枚、本日の新着チケット数1,071

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

山崎まさよしのライブ・コンサートチケット一覧

山崎まさよしは1995年9月に「月明かりに照らされて」でメジャーデビューしたシンガーソングライターです。主な代表曲は1997年発売の「One more time, One more chance」や2003年発売の「僕と不良と校庭で」などです。数多くの楽曲がCMやドラマ・映画の主題歌として使用されており、「空へ」が映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」の主題歌として、「君と見てた空」がゆうちょ銀行「日本全国、ゆうちょ家族」のCMソングとしてなど、様々な場面で使用されています。 また、元ちとせや杏子、TOKIO等数多くのアーティストへの楽曲提供も行っています。自身が歌った「セロリ」は後にSMAPがカバーし、累計売り上げが70万枚を越える大ヒットとなりました。また1998年に杏子、スガシカオとともに3人で結成された音楽ユニット福耳は、1999年発売の「星のかけらを探しに行こう Again」を筆頭に数多くの曲をリリースしています。徐々にメンバーが増え、竹原ピストルやさかいゆう、秦基博などのアーティストも福耳のメンバーとしてレコーディングやライブ等に参加しています。 さらに、俳優としても活躍しており、1997年の初主演映画「月とキャベツ」では、映画のテーマソングである「One more time, One more chance」がロングヒットとなり、一躍有名になりました。また、2005年に主演した「8月のクリスマス」でも主題歌に加えて劇中の曲も手がけています。TVドラマでは、1998年に読売テレビで制作された「奇跡の人」で主役の相馬克己役を演じ、2010年にTBSで制作された「BUNGO -日本文学シネマ-『グッド・バイ』」では主演の田島周二役を演じ、その演技力には定評があります。様々な分野でマルチな才能を発揮し、各方面にて活躍しています。

山崎まさよしの日程

すべての日程

Yamazaki Masayoshi String Quartet BANQUET
音楽と人LIVE2018 東京アコースティック百景vol.2
Augusta Camp 2018 20th Anniversary
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全26件 1-26件目

山崎まさよしのチケットを都道府県で探す


山崎まさよしの魅力は飽きのこないシンプルな楽曲と、どこか懐かしさを感じさせるような切ない歌詞、そして気取らない確かな歌唱力にあります。紅白出場経験もある実力派シンガーソングライターです。スマップに提供した楽曲「セロリ」は代表曲です。ライブではその魅力を最大限に感じることができます。会場の演出はシンプルで、照明は曲を落ち着いて聴くために暗めで、じっくり山崎まさよしの世界を堪能できます。照明が落とされ、山崎まさよしが舞台に上がり、ギターをおもむろに弾き始めてライブはスタート。ギター一本で一気に山崎まさよしのロマンティシズムが会場を包み込み、観客はその世界観に引き込まれてしまいます。その後はベースとドラムが加わり、シンプルでありながら味のあるサウンドが展開。サウンドは徐々に、こじんまりとした親密さから濃密さに変化し、山崎まさよしの歌によって質感が加わり、ライブでしか体感できないものとなります。ライブチケットが発売後、すぐに売れてしまうのも納得がいきます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口