19/12/14(土) 13:00 光が丘IMAホールの公演 柳家さん喬のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

柳家さん喬 ・柳家喬太郎親子会
19/12/14(土) 13:00 光が丘IMAホール

会場情報

柳家さん喬は、1948年東京の下町である墨田区本所に生まれた江戸っ子で、人間国宝の柳家小さん門下の落語家です。1967年に入門し、着実にキャリアを重ね、落語会の重鎮と言われる実力派となっています。数多くの受賞歴があり、2017年には紫綬褒章を受けています。 古典落語を得意とし、江戸の長屋の生活や四季の移り変わりなど情景描写に秀で、男女の機微を描く心理描写にも定評があります。聞いている人を心地よくする穏やかで丁寧な口調が特徴ですが、ここぞというところではドラマチックに盛り上げて見る人を惹きつけ、磨き上げた芸で正統派の古典落語を満喫させてくれます。「芝浜」や「柳田格之進」、「笠碁」など名手といわれる数多くの演目を持ち、人情噺を得意としつつも滑稽噺もこなします。また、近年は新作落語にも挑戦し高い評価を得るなど芸域の広さが認められています。 女性ファンが多いのも特徴で、チケットが取りにくい落語家の一人として知られています。

柳家さん喬の日程

すべての日程

こがねい落語特選 新春 鏡花水月 ~美の真髄~
柳家さん喬 独演会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり ここしかできない東西会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 柳と桂の東西競題会
三遊亭円楽プロデュース さっぽろ落語まつり 二味違う東西会
席種

柳家さん喬のチケットを都道府県で探す

柳家さん喬の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2020/2/14()
  • 19:00
深川江戸資料館

東京都

柳家さん喬 独演会
と列20番台
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/12/22()
  • 13:30
かめありリリオホール

東京都

かめあり亭第45弾!柳家さん喬一門会
19列1ケタ台後半~10番台前半のお席1枚です。 定価4000円。「今日は帰せねーぞ!限界まで笑っていただきます」 3部制の、長時間の一門落語会となります。 一部主任:柳亭左柳 二部主任:柳家さん喬 三部主任:柳家喬太郎
1枚のみ4,000円/枚
  • 2019/12/22()
  • 13:30
かめありリリオホール

東京都

かめあり亭第45弾!柳家さん喬一門会
11列2~9番
1枚のみ4,000円/枚
  • 2019/12/22()
  • 13:30
かめありリリオホール

東京都

かめあり亭第45弾!柳家さん喬一門会
18列20番台前半
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/12/22()
  • 13:30
かめありリリオホール

東京都

かめあり亭第45弾!柳家さん喬一門会
15列5〜34番
3枚連番(バラ売可)5,000円/枚
  • 2019/12/22()
  • 13:30
かめありリリオホール

東京都

かめあり亭第45弾!柳家さん喬一門会
14列20番台前半
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/12/14()
  • 13:00
光が丘IMAホール

東京都

柳家さん喬・柳家喬太郎親子会
E列20番台22~26番までの連番2席です。2枚購入でペアチケットにできます。 柳家さん喬師匠と、喬太郎師匠の親子会です。
1枚のみ4,800円/枚
  • 2019/12/14()
  • 13:00
光が丘IMAホール

東京都

柳家さん喬・柳家喬太郎親子会
E列20番台22~26番までのお席1枚です。 都内ではめったに行われない 柳家さん喬師匠と、喬太郎師匠の親子会です。
1枚のみ4,800円/枚
  • 2019/9/6()
  • 19:00
文京シビックホール(響きの森公会堂)

東京都

柳家さん喬 独演会
イ列10番
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/5/31()
  • 19:00
よみうり大手町ホール

東京都

MIX寄席 青葉四景
17列20番台
1枚のみ4,100円/枚
  • 2019/5/31()
  • 19:00
よみうり大手町ホール

東京都

MIX寄席 青葉四景
11列10~20番
1枚のみ7,000円/枚
  • 2018/8/4()
  • 13:00
日経ホール

東京都

第50回 大手町落語会
全席指定 M列 サイドブロック 第50回大手町落語会 出演:柳家さん喬、入船亭扇辰、柳家喬太郎、三遊亭天どん、三遊亭粋歌
2枚連番(バラ売可)4,300円/枚

穏やかな口調で会場を包み込み、見た目通りの穏やかな人柄でありながら、貫禄ある存在感で落語を聞かせてくれる名実ともに成熟した落語家です。 柳家さん喬といえば人情噺と言われるほどで、その優しい空気感と、登場人物の多彩な感情表現、緩急をつけた話し方でいつのまにか世界に引き込まれてしまいます。円熟した噺家の古典落語を楽しみたいという人には真っ先にお勧めしたい演者です。 古典に繊細な演出を加える事で物語に深みを与え、聴き手を魅了する緩急の効いた演じ方で世界観を創り上げて行きます。丁寧な口調で語られる柳家さん喬の人情噺は、心地よく聴き手を包み込みながら、ここぞという場面では一転!徹底的に押して感情を爆発させます。ドラマティックな演出による感情表現は素晴らしいの一言で、落語にはまだ馴染みの浅い人にも「短命」や「井戸の茶碗」は是非聞いていただきたい落語の一つです。 穏やかな語り口の魅力と、強烈な感情移入で感動を生み出す「芸の力」を体感できます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート