良い子はみんなご褒美がもらえるのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,774枚、本日の新着チケット数394

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

良い子はみんなご褒美がもらえるのチケット一覧

「良い子はみんなご褒美がもらえる(原題:Every Good Boy Deserves Favour)」は、イギリスの劇作家トム・ストッパードによる作品です。原題の頭文字は五線譜の音(下からミ-E、ソ-G、シ-B、レ-D、ファ-F)に対応しており、英語圏ではこれを基準に五線譜を覚える語呂合わせとなっています。この文章に意味はなく、とにかくそういうものとして覚えべきという常識を押し付ける思想を皮肉り、社会から排除された二人の精神病患者を通して、常識の無意味さと不条理な世界を描いています。アレクサンドル・イワノフ役を堤真一、オーケストラの一員であると妄想し、偶然アレクサンドルと同姓同名の狂人役を橋本良亮(A.B.C-Z)が演じます。2019年4月20日から5月7日までTBS赤坂ACTシアター(東京)、5月11日、12日にフェスティバルホール(大阪)にて上演されます。なお本作は今回が日本初上演です。

良い子はみんなご褒美がもらえるの日程

すべての日程

良い子はみんなご褒美がもらえる 俳優とオーケストラのための戯曲
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全9件 1-9件目

良い子はみんなご褒美がもらえるのチケットを都道府県で探す

2019年4月20日より日本初上演となる「良い子はみんなご褒美がもらえる(原題:Every Good Boy Deserves Favour)」は、劇作家トム・ストッパードの作です。1977年にロンドンで初上演され、言葉遊びやオーケストラの生演奏を駆使した舞台演出で話題となりました。日本公演では、政治犯として精神病院に収容されたアレクサンドル・イワノフ役を堤真一が演じます。対する橋本良亮(A.B.C-Z)はアレクサンドルと同姓同名の狂人役を担当します。堤は、同じくトム・ストッパード作の「アルカディア」に続く2作目の出演です。総勢35名のオーケストラとの共演が見どころです。この他、小手伸也、シム・ウンギョン、外山誠二、斉藤由貴らが出演予定です。原題の頭文字は五線譜(ミ-E、ソ-G、シ-B、レ-D、ファ-F)の語呂合わせで、英語圏ではメジャーなものです。その語呂合わせになぞらえた、ストッパードのアイロニーが込められた作品です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口