読響のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

読響(読売日本交響楽団)のコンサートチケット一覧

読売日本交響楽団は、読売日本交響楽団は、読売新聞社や日本テレビなどが母体になって設立されたオーケストラです。「読響」の通称で親しまれています。1962年に設立され、1967年には初の海外公演も敢行。ショスタコーヴィチの全ての交響曲を世界で初めて同一オーケストラで演奏する快挙を成し遂げたことがあるほか、著名な日本人作曲家の作品の初演や若手作曲家の曲の初演を務めるなど、日本のクラシック音楽界にも広く貢献してきました。また、三島由紀夫原作の「午後の曳航」やワーグナーの「パルジファル」など、オペラのオーケストラも多数務めています。海外から著名指揮者を招聘することをコンセプトのひとつとしていて、これまでハインツ・レーグナーやゲルト・アルブレヒト、アラム・ハチャトゥリアンなど、多くの名指揮者が指揮をとってきました。定期演奏会や様々なシリーズ公演を行っていて、2018年末から2019年始にかけても東京を中心に多数の公演が予定されています。

読響(読売日本交響楽団)の日程

すべての日程

サマーフェスティバル2019 三大交響曲
読売日本交響楽団 土曜マチネーシリーズ
読響アンサンブル・シリーズ
読響「第九」特別演奏会
読売日本交響楽団 読響日曜マチネシリーズ
井上道義×牛田智大×読響
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決読売日本交響楽団 土曜マチネーシリーズ

    • 東京芸術劇場(東京都)
    • A席 2階 LBA列 14~18番   指揮=尾高忠明 ヴァイオリン=アナ・マリア・ヴァルデラーマ  メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」 作品26 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

      • 名義なし
      • 主催者
      • 6,000円/枚
    • 1枚のみ
全3件 1-3件目

読響(読売日本交響楽団)のチケットを都道府県で探す

読売日本交響楽団(通称「読響」)は、1962年に読売新聞社、日本テレビ、讀賣テレビによって設立されたオーケストラです。世界でも唯一の、新聞社が母体のオーケストラとして知られています。海外から著名な指揮者を多数招いて来たことで知られており、実力的にもハイレベルな評価を受けてきました。歴代の常任指揮者にはウィリス・ページやハインツ・レーグナー、ゲルト・アルブレヒト、尾高忠明などの偉大な指揮者が並んでいます。定期公演や様々なシリーズ公演で東京を中心に多くのコンサートを開いているほか、1967には初の海外公演も経験しています。また、日本の作曲家を中心に、多くの新作楽曲の初演を務めてきたことでも知られています。日本テレビの「読響シンフォニックライブ」や年末の「ベートーヴェン第九コンサート」などテレビ放送での演奏も行われており、国民的な交響楽団として親しまれてきました。実力面でも実績の面でも、日本を代表するオーケストラのひとつと言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口