奉納 夜桜能のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,944枚、本日の新着チケット数2,156

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

奉納 夜桜能のチケット一覧

「奉納 夜桜能」は、東京で最古の能楽堂と言われる、靖国神社能楽堂で行われる能・狂言です。 卯月(4月)初旬の夜に3日間続けて行われ、小雨決行です(悪天候になると日比谷公会堂などに上演場所が変わるアナウンスがあります)。 毎公演の始まりに火のついた松明を携えた火入れ奉行と呼ばれる人たちが、舞台両側の薪に火を付ける厳かな火入れ式があります。火は靖国神社の御神火から分けられたものです。 篝火に照らされる満開の桜のもと、舞われる能はこの上ない幽玄の美。演目もあでやかで人気のあるものが選ばれ、演者も当代きっての能楽師、狂言師が勢揃いする、奉納舞だからこそ見ることができる贅沢さです。 数多くの震災、戦火を経てもなお残り、これからも続いていくであろう120年余りの伝統に思いを馳せながら観る「奉納 夜桜能」は野外での公演と言う古式にも則り、一度は足を運んで頂きたい舞台です。 野外劇ですが、能舞台そのものは橋掛かりとともにライトアップされ、暗すぎて見えないということはありません。桜舞う春の夜の美しさと共に記憶に刻まれる、またとない観劇体験となることでしょう。

靖国神社境内には能楽堂があります。普段一般公開されておらず、このような「奉納 夜桜能」のようになときにしか見ることが出来ません。 靖国神社の能楽堂は約百二十年以上もの歴史がある大変貴重な建物でもあります。「奉納 夜桜能」はその名の通り靖国神社に「能」や「狂言」を舞い「奉納」することです。有名能楽師や狂言師が揃い華やかで贅沢な演能が鑑賞出来る貴重な機会です。 この「奉納 夜桜能」が行われる能楽堂は約百二十年もの伝統をもつ場所であり、この舞台が靖国神社内という特別な歴史の中で震災や戦火をくぐり抜け様々な歴史を見てきたであろう東京都内で最古の能楽堂とも言われています。 能楽堂は外で舞台に支障が出るような雨天時の場合はあらかじめ用意された場所で行われます。約百二十年もの歴史ある能楽堂は本格的な造りであり、春を告げる桜の開花や夜という時間帯で行われる「奉納 夜桜能」は神秘的な雰囲気の中で行われます。また舞台周囲には「かがり火」が炊かれて、まさに「奉納」の意味や演じられる「狂言」や「能」の厳かな雰囲気を感じる貴重な機会です。野外という解放感と東京都内であることを忘れてしまうほどです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口