結城アイラのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数165,229枚、本日の新着チケット数1,968

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

結城アイラのライブ・コンサートチケット一覧

結城アイラは、日本の女性歌手です。女性声優・歌手の南里侑香とのユニット「Fairy Story」でも活動しています。歌手としては、2007年、テレビアニメ「sola」オープニング主題歌「colorless wind」でデビューしました。その後、テレビアニメ「true tears」エンディング主題歌「セカイノナミダ」、テレビアニメ「ティアーズトゥティアラ」エンディング主題歌「Blue sky,True sky」、テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」第一章エンディング主題歌「星が永遠を照らしてる」、テレビアニメ「境界線上のホライゾン」エンディング主題歌「‐Side SunSet‐悲しみは誰の願いでもない」など数々のアニメ、ゲームの主題歌を歌っています。ラジオでは、2013年4月からFM PORTで「アイラとちかのお気に召すまま」で、女優・タレントのうえむらちかとラジオパーソナリティを務めています。

結城アイラの日程

すべての日程

20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG 1日目
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG 1日目

    • 幕張メッセ(国際展示場、イベントホール)(千葉県)
    • LINEチケット 座席未定 同伴入場及び身分証貸出不可 公演中止、トラブル等が発生した場合、返金は出来かねますのでご了承下さい。また、座席についてのクレームも受け付けませんので、ご了承下さい。 LINEチケットでのチケット分配には一時的にLINEの友達状態になる必要があるようです。 発券・分配開始日の6月7日の昼頃以降当日中に、友達追加用のQRコードまたは電話番号を連絡ボードにてお知らせします。 友達追加していただきましたら、チケットを分配致します。...

      • 電チケ
      • 30,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 1
    • 即決20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG 1日目

    • 幕張メッセ(国際展示場、イベントホール)(千葉県)
    • 指定席 LINEチケット (最速先行当選分) 分配 または 同行入場。 分配の際は「友だち分配」となります。詳しくは公式LINEチケットより分配方法をご確認の上、ご理解いただける方のみ購入ください。

      • 女性名義
      • 電チケ
      • 11,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 1
    • 即決20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG 1日目

    • 幕張メッセ(国際展示場、イベントホール)(千葉県)
    • チケットの種類は指定席となります。 座席は当日にわかるので、その点をご了承いただける方でお願いします。 LINEチケット先行です。 分配時に購入者のラインQRコードが必要となります。

      • 名義なし
      • 電チケ
      • 15%off
      • 8,300円/枚
      • 9,800円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
全4件 1-4件目

結城アイラのチケットを都道府県で探す

結城アイラについての紹介

結城アイラは日本の女性歌手、声優で、スペースクラフト・プロデュースに所属しています。以前は「かとうあすか」という名前で弾き語りをしていたり、ジャズシンガー、そして梶浦由紀のプロジェクトにASUKAとしても参加していました。テレビアニメ「sala」のOP主題歌であるシングル「colorless wind」ランティスより、結城アイラとしてでびゅーしました。以降は主にアニメ・ゲームなどのオープニングテーマ・エンディングテーマ・イメージソング・主題歌などを多く歌っています。「アイラ」という芸名の由来は、昔読んだ本の主人公かなにかで、本人もあまりよく覚えていないらしいです。漢字では、「愛良」と書きます。初来は子供の名前にもしたいと思っているようです。初めて覚えた曲は原田千世の「時をかける少女」で、当時3歳でした。父親の影響で、松田聖子や竹内まりやをよく聞いており、松田聖子はモノマネをするくらい好きで、大きく影響を受けています。幼少時代は多くの懐メロを知っており、親戚のおじさんと一緒に「浪速恋しぐれ」やザ・マイクハナサーズなどを歌っていました。主要アニメの楽曲を次々と担当しており、数多くのイベントやライブに出演するなど、アニメミュージックの第一線で活躍中。シングルは10th、アルバムは3rdまで発売しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口