ぜんりょくボーイズのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,443枚、本日の新着チケット数644

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ぜんりょくボーイズのライブ・コンサートチケット一覧

6人組ボーイズグループぜんりょくボーイズが、ワンマンライブ「秋の大文化祭2018」を2018年9月9日(日)に、宮城県の仙台darwinで開催します。当日は7時開演の早朝特別公演と13時開演の一般公演の2公演が行われます。 ぜんりょくボーイズは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと仙台放送「仙臺いろは」のコラボレーションによって行われた、「全力漢(ぜんりょくボーイズ)」オーディションにより選出されたメンバーで、2016年に結成されました。メンバーは仙台市出身の森瞬太、蔵王町出身の遠藤大斗、石巻市出身の三浦大輝、気仙沼市出身の小松笙、仙台市出身の保土原壱成、仙台市出身の大平一心で、全員が宮城県出身かつ在住となっています。 ぜんりょくボーイズは、2018年4月から、日本、ひいては世界初といえるであろう、平日の週3回、朝7時から行う「早朝ライブ」を地元のライブハウスで開催しています。一般の入場は有料ですが、学生は学生証の提示で入場無料となっています。

ぜんりょくボーイズは、ソニーと地元仙台のテレビ局の共同オーディションで選ばれた、全員が宮城県出身・在住の6人組ボーイズグループです。2016年に結成すると、2017年6月には、ケツメイシやFUNKY MONKEY BABYSなどの楽曲を手掛けているYANAGIMANが楽曲提供した1枚目のシングル、「Stand up and fight!」を、翌2018年4月には、株式会社ニホンジンプロジェクトのエムサイズ佐久間が楽曲提供を行った、1枚目のミニアルバム、「GRADE 1」をそれぞれリリースしました。 アルバム発売と同時に、月・水・金と週3回、朝7時に開演する単独ライブ「早朝ライブ」を地元のライブハウス仙台darwinで開催。出勤や通学の前にも立ち寄れるよう30分間のライブとなっており、毎回メンバー自ら設営などの準備を行っています。ライブでは、公演の合間にはチャレンジコーナーが設けられ、寸劇などが披露されています。同年6月には、初のワンマンライブ「早朝学園祭2018!!」を開催し、9月にもワンマンライブ「秋の大文化祭2018」の開催が決定しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口