日本最大級の公演チケット売買仲介サイト「チケットストリート」

チケット不正転売禁止法について

2019年6月14日より「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(略称「チケット不正転売禁止法」)」が施行されます。
チケット不正転売禁止法では、「特定興行入場券」について、「不正転売の禁止」および「不正転売目的の譲受けの禁止」が定められています。

「特定興行入場券」とは?

「特定興行入場券」とは、不特定又は多数の者に販売される興行の入場券で、かつ以下の全てに該当するものをいいます。

  1. 興行主等が、販売時に、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、その旨を当該入場券の券面等に表示しているもの。
  2. 興行が行われる特定の日時及び場所並びに入場資格者又は座席が指定されているもの。
  3. 興行主等が、販売時に、入場資格者又は購入者の氏名及び連絡先を確認する措置を講じ、かつ、その旨を当該入場券の券面等に表示しているもの。

※「興行入場券」には、紙媒体だけでなく、QRコードやICカード等の電子チケットも含まれます。

不正転売とは?

興行主に事前の同意を得ずに業として行う有償譲渡であって、興行主等の当該特定興行入場券の販売価格を超える価格をその販売価格とするもの。

[ご参考]文化庁ホームページ:「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律の公布について」

チケットストリートからのお願い

当社では利用規約により「チケット不正転売禁止法」や、その他の条例・法律に抵触する利用を禁止しています。関係法令や当社規約をご確認の上、適切なご利用をお願い申し上げます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口